小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

 石榴   2015/12/19

b0011771_2474653.jpg
 御茶ノ水のスーパーマーケットで石榴を買った。
 朽ちていく過程を観察する。
# by tatsuokotaki | 2015-12-20 02:48 | Trackback | Comments(1)

 gallery bauhaus  2015/12/16 

b0011771_1185769.jpg
 柿の葉も落ちてギャラリーも冬を迎えます。
b0011771_1104851.jpg
 一階展示室
b0011771_119426.jpg
 地下展示室への階段
b0011771_1201348.jpg
 踊り場から地下展示室を見る
b0011771_111272.jpg
 地階展示室

Tatsuo Kotaki Photo Exhibition
Jardin d' Hiver
2015,11,20-2016,1,30
http://www.gallery-bauhaus.com
# by tatsuokotaki | 2015-12-17 01:44 | Trackback | Comments(0)

 豚の饅頭   2015,12,11

b0011771_2331221.jpg
イノシシがシクラメンの球根を好んで食べるので、英名Sow bread(豚のパン)が直訳されて「豚の饅頭」というとんでもない和名となったそうだ。植物学者の牧野富太郎が名づけた篝火草(カガリビバナ)という呼び名もある。
b0011771_2332749.jpg

# by tatsuokotaki | 2015-12-12 02:51 | Trackback | Comments(1)

 Luce di Venezia  2015/12/9

b0011771_2103755.jpg
 ヴェネツィアの冬の光。
 空から天使が舞い下りてきそうな昼下がり。
 一人あてもなく街を彷徨う。
# by tatsuokotaki | 2015-12-10 02:42 | Trackback | Comments(2)

 Luce di Venezia   2015/12/8

b0011771_19163373.jpg
次の仕事に向けて始動し始めた。今日は自分にとって様々な意味での記念日となる。
# by tatsuokotaki | 2015-12-08 19:40 | Trackback | Comments(0)

 澁澤龍彦とプラハ  2015/12/3

b0011771_1632884.jpg
本郷の古書店で澁澤龍彦の『滞欧日記』を買う。著者が生前4度にわたって訪れたヨーロッパ滞在日記。プラハやウイーン、イタリアのボマルツォ怪物庭園など、自分にとっても馴染みのある場所が随所に出てきて面白い。
ボクが主宰するgallery bauhausも早いもので来年は開設10周年となります。10周年を記念して、来年は「プラハ年」(仮称)と題し、プラハを撮影した4~5人の写真家の個別の展覧会を企画中です。
開催中の小瀧達郎写真展「Jardin d' Hiver 冬の庭で」は、冬の日に観るには極めつきの写真展です。ぜひご覧ください。
# by tatsuokotaki | 2015-12-03 17:03 | Trackback | Comments(0)

 ハクビシン 2015/11/28

b0011771_0514855.jpg
「今年は現れないね」などと話していたら…。
夜、散歩に出ようとして見上げたらお食事中でした。
b0011771_0523100.jpg
ストロボ光などお構いなしにリラックス。
年に一度、動物写真家。
VARIO-ELMARIT600mm
# by tatsuokotaki | 2015-11-28 00:56 | Trackback | Comments(0)

 Jardin d' Hiver  2015/11/21

b0011771_1172897.jpg
gallery bauhausの写真展「Jardin d' Hiver 冬の庭で」が始まりました。
DMにも書いたように、この写真展のタイトルはパリにあるCirque d' Hiver(冬のサーカス)という、サーカス小屋の名称からヒントを得ました。
以前から“冬のサーカス”という言葉の響きが気になっていて、ある日「Jardin d' Hiver 冬の庭で」という写真展のタイトルが浮びました。
通常、写真展のタイトルは後から考えるのですが、今回はタイトル先にありきで、それから撮影が始まりました。2012年から約3年間かけて、250本ほど撮影したネガから49点を選んで展示しています。
本展のために選んだgoldmundのBGMが写真と相俟ってよい雰囲気の展覧会になっています。冬の一日、静かな時間を過ごして頂けると思います。ぜひご覧ください。
# by tatsuokotaki | 2015-11-22 01:44 | Trackback | Comments(0)

 日々雑記  2015/11/16  展示写真のレイアウト

b0011771_23314985.jpg
―前回の続き―
展示写真のプリントが完成したら、次はギャラリーの図面を元に写真のレイアウト作業に入ります。通常gallery bauhausの写真展はすべて、ボクがこの作業を行います。コンタクト・プリントを図面に貼り付けて、ひと通りのレイアウトが済んだら、展示当日あらためて作家と共に微調整を行います。
いつも言っているのですが、人の写真は客観的に観ることができますが、自分の写真は度々頭を抱えます。数日間、頭を悩ませた結果、数点新たな写真をプリントすることになりました。マットは発注済みなので、展示当日に差し替えとなります。
今朝は現像の準備を始めたとたん氷酢酸がないことに気付き、あわててアキバのヨドバシカメラに走りました。下の写真は現像液におまじないのように入れる媚薬=惚れ薬?グリシン(食用ではありません)です。
b0011771_20472489.jpg
ギャラリーの図面に、コンタクト・プリントを貼り付けて構成を考えます。
b0011771_213477.jpg

# by tatsuokotaki | 2015-11-16 22:59 | Trackback | Comments(3)

 Notte di Venezia  2015/11/15

b0011771_154239.jpg
静かな夜に、ヴェネツィアへ想いを馳せる。
b0011771_155362.jpg

# by tatsuokotaki | 2015-11-15 01:13 | Trackback | Comments(0)

 日々雑記 2015/11/9 ―スポッティング作業―

b0011771_558477.jpg
写真展「Jardin d' Hiver 冬の庭で」のプリント作業を終えて、スポッティング(修正)作業に入りました。ネガに着いた微細なゴミが、写真を引伸ばすことで拡大され、プリントに白い点となって現れます。それをマーシャルという修正液の濃度を調整しながら、細い筆の先で埋めていきます。ゴミといっても、ミリ以下のmicroの世界なので拡大鏡を使って行います。デジタル写真であれば画像処理ソフトであっという間に終わりますが、銀塩写真では技術と時間と根気の要る作業です。面倒な作業ではありますが、終わった後は写真が見違えるようになり、やっと人に見せられる状態となります。すっぴんで人前にでない女性がいますが、化粧を終えて「これが本来のワ・タ・シ」みたいな感覚とちょっと似ているかもしれません。ボクは最近ネガに着いたゴミをやたらと愛おしく思えるようになりました。
galley bauhausでロバート・フランクの写真展を何度かやらせてもらいましたが、フランク氏のプリントは結構ゴミがついたままのものが多くあります。DMを作ったりする関係で、画像をデジタル化する際に、何度かゴミ処理をしてみたのですが、不思議なものでやればやるほどロバート・フランクの写真から遠ざかっていくような感覚を覚えました。ポラロイドを使った作品などは意識的に画面を汚したりしていますが、フランク氏にとっては、ネガのゴミも表現のひとつなのかもしれません。
スポッティング作業を終えたら、マット制作は専門の職人さんにお願いします。残る作業は、会場の写真のレイアウト。これについては次回に書くことにします。
# by tatsuokotaki | 2015-11-10 06:44 | Trackback | Comments(0)

 日々雑記 2015/11/8   STILL LIFE

b0011771_1853929.jpg
ウィッチフォード・ポッタリーの器と、小諸のマーケットで買った小粒で器量のよくない洋梨。こちらの方がフォトジェニック。
# by tatsuokotaki | 2015-11-07 10:53 | Trackback | Comments(0)

 日々雑記  2015/10/31

b0011771_2214368.jpg
展覧会のプリント作業があとひと息のところで、印画紙の在庫があやしくなってきた。あわててアメリカの写真材料店“フリー・スタイル”に注文しようとしたところ、在庫が1パック(25枚)しかなかった。チェコ製のフォマという印画紙を使用しているのだが、この店でなくなると通常数ヶ月は待たされる。土壇場になって印画紙が無いなんて洒落にもならない。
かくなる上は非常事態、プラハ在住の写真家の手を煩わせて送ってもらうことにした。今日、在庫分最後の1袋を開封したところで、タイミングよく荷物が到着した。ヨーロッパ・サイズ(12x16インチ)50枚入りが3箱。通常は11x14インチでプリントしているので、余分はカットしてテスト・プリントに使用する。アメリカから取り寄せると25枚入りしかないが、50枚入りの方が使い勝手はよい。当然、製造元のチェコ本国からなので価格も安い。そんなわけで、今日は心安らかにプリント作業ができた一日でした。
b0011771_2214497.jpg
    小袋はおまけのサンプル印画紙。
# by tatsuokotaki | 2015-10-31 22:15 | Trackback | Comments(0)

 日々雑記   2015/10/27

b0011771_0553086.jpg
村上春樹のエッセイ『職業としての小説家』(スイッチ・パブリッシング刊)の中に、ジェームス・ジョイスの言葉として「イマジネーションとは記憶のことだ」という記述があった。
言われてみるとその通りだが、歳をとって記憶が薄れてくるとイマジネーションも減退するということか…。これは由々しき問題だ。
# by tatsuokotaki | 2015-10-27 05:38 | Trackback | Comments(0)

CONTAX    2015/10/24

b0011771_13222764.jpg
11/20からgallery bauhausで始まる写真展「Jardin d' Hiver 冬の庭で」の撮影機材。メインはコンタックスG2、接写用には、コンタックスRXⅡのボディとマクロ・プラナー100mm(ドイツ製造品)を使用。マクロ・プラナー100mmとG2用ゾナー90mmは、モノクロームの階調表現がすばらしく多用しました。
連日、暗室でプリント作業中です。

使用機材
コンタックスG2ボディ3台、ビオゴン21mm、同28mm、プラナー35mm、同45mm、ゾナー90mm、ヴァリオ・ゾナー35-70mm、コンタックスRXⅡボディ+マクロ・プラナー100mm
# by tatsuokotaki | 2015-10-24 23:31 | Trackback | Comments(2)

 日々雑記  2015/9/24

b0011771_017039.jpg
今日は、ヨドバシカメラで24時間カメラが買えることを始めて知った。夜の11時にインターネットで注文したら、11時20分には店舗の夜間窓口で受け取ることができた。たとえ夜中の暗室作業中に印画紙や現像液がなくなったとしても、不自由しないというわけだ。
アキバのヨドバシカメラは、わが家から歩いても10分ほどだが、こんなことができるとはいままで知らなかった。
事の良し悪しは別にして、何とも便利でありがたい話だ。ヨーロッパから帰ったばかりだが、こんなことができるのは世界中で日本人だけだろうなーと、つくづく感心した次第である。
ヨドバシカメラとのお付き合いは学生時代にさかのぼる。
当時、ヨドバシカメラは新宿西口の古い木造2階建ての民家のようなところで営業していた。商品の陳列などは一切なく、ガラスの引き戸を開けると、現在の社長と数人のスタッフが、客が注文した品を2階から持ってきてくれた。そこでTRI-Xの100フィート缶や月光のバライタ紙をよく買った。店先にフジフィルムの空きパトローネがダンボールいっぱい入っていて、それをもらって100フィートのフィルムを切って自分で詰め替えた。
貧乏学生にとっては、ヨドバシカメラは強い味方だった。ヨドバシカメラがこんな巨大企業になるとは、当時は誰も思っていなかっただろう。

―写真のライカは本文と関係ありません―
# by tatsuokotaki | 2015-09-24 23:53 | Trackback | Comments(0)

 ねこ写真 2015/9/22 

b0011771_9111371.jpg
枯葉のベッドでスヤスヤ。
ネコ写真は原則的に撮らないのですが、あまりに気持ちよさそうだったので…。
b0011771_97139.jpg

# by tatsuokotaki | 2015-09-22 22:06 | Trackback | Comments(0)

 Paris日記  2015,9,4

b0011771_11182787.jpg
バスチーユのエンジェルが飛びたちそうな空。
昔、この広場に面したカフェで、舞台演出家のピーター・ブルックを撮影した。黒人俳優を伴って現れたブルック氏は、ラップ通りの家具職人のようなラフないでたちで、とても穏やかな人だった。90才でいまも現役。見習いたい。
# by tatsuokotaki | 2015-09-21 11:30 | Trackback | Comments(0)

  Paris日記 2015/9/3

b0011771_6521721.jpg
入場料のいらない大パノラマ。ギャラリー・ラファイエットの屋上からは地上から見えないオペラ座の裏側と、遠くにエッフェル塔も見える。
雲の流れとともに変化する光を眺めていると、時の経つのを忘れそうだ。
# by tatsuokotaki | 2015-09-03 23:52 | Trackback | Comments(2)

 Paris日記 2015/9/2

b0011771_6222010.jpg
三十代の頃、毎日この場所に通って大道芸人を撮影していた。いまは似顔絵描き、物売り以外に、大道芸人の姿はほとんど見かけなくなった。
今日、たまたま出会った大道芸人。これが芸といえるかどうか微妙だが…。
―ポンピドゥ・センター前の広場で―
# by tatsuokotaki | 2015-09-03 06:35 | Trackback | Comments(0)

 Paris日記  2015/9/1 

b0011771_3465214.jpg
b0011771_3471821.jpg
朝から曇り空、気温も低く絶好の撮影日和だ。アパートの近くのPaulでサンドイッチを買って、メトロで植物園へ。今日はパリの写真集に使用する写真の撮り直し分、2件をこなす予定だ。太陽も出なくて雲がいい感じで流れてゆく。
植物園での撮影を1時間程で済ませて、バスでペール・ラシェーズ墓地へと向かった。広い墓地なので目的の墓が見つかるか心配だったが、記憶を頼りに難なく見つけることができた。こちらも良い光で撮影できたが、終わったと同時くらいに雲間から太陽が顔を出した。墓地の中のベンチで朝食のサンドイッチを食べていると、色付きはじめたマロニエが風に揺れてサワサワと葉音を立てた。
ペール・ラシェーズ墓地の北門を出て、アヴェニュー・ガンベッタのゆるい坂道をポルト・デ・リラまで登りつめたら、そこでVの字に左折して今度はベルヴィル通りを下った。
b0011771_3473612.jpg
   「言葉に気をつけろ」
b0011771_3475228.jpg
ベルヴィル交差点まで下って、大きな中華食料品のスーパー・マーケットの横を数10メートル行ったところに、友人の写真家小松さんいち押しのフォーの店“為平(ドン・フォン)”がある。楽しみにして行ったのだが、あいにく今日まで夏休み。日本に帰る前に時間があったらまた出直すことにして、今日は向かいにある“東東”という店に入って、ネム(ベトナム春巻き)、エビ入りフォー、三色水を頼んだ。
b0011771_3481155.jpg
三色水はココナツジュース味の甘い飲み物。店によって違いがあるが、中にゼリー、タピオカ、小豆などの具が入っていて、生のトウガラシを効かせたフォーと相性がいい。ロンドンのベトナム料理屋で、昔よくこれを飲んだ。パリの三色水にはマロニーちゃんが入っていて、これはぜんぶ残した。
b0011771_3485744.jpg
ベルヴィル交差点から、異人種や娼婦が入り乱れる通りをリュパブリック広場まで歩いて、そこからバスに乗ってアパートに戻った。
# by tatsuokotaki | 2015-09-01 22:17 | Trackback | Comments(0)

 Paris日記 2015/8/31

雨のパリ、晴れたパリ。
b0011771_946868.jpg
b0011771_9463416.jpg
b0011771_947910.jpg
b0011771_9473920.jpg

# by tatsuokotaki | 2015-08-31 17:29 | Trackback | Comments(0)

 Paris日記 2015/8/30

b0011771_7452586.jpg
日曜のパリは朝から暑い。少し疲れがたまってきたので、午前中は部屋でゆっくりした。上の写真はアパートからすぐの場所にあるサン・シュルピス教会。『ダヴィンチ・コード』とドラクロアのフレスコ画で有名だが、ボクは『ダヴィンチ・コード』を観ていないし、ドラクロアの宗教画もまったく解からない。その代わりというわけでもないが、正面の礼拝堂に向かって右側のランゲ・ド・ジェルジュ霊廟にある写真の石像が好きで、よく出かけて行く。
この石像、教会の案内書にはボワゾ作聖人像とあるだけで、詳細はインターネットで調べても見つからなかった。巨大な鎌を持った髑髏と聖人、翼をつけた天使が空を見上げていて、一見髑髏は悪魔的存在なのかと思うが、よく見ると聖人が髑髏を守っているようにも見える。聖書の教えに沿ったストーリーがあるのかもしれないが、キリスト教音痴のボクには彫刻作品としての素晴らしさ以外はさっぱり判らない。

サン・シュルピスにようこそ
「師よ、何処に泊まっておられるのですか。来なさい。そうすればわかる」ヨハネ1.38
―サン・シュルピス教会のリーフレットより―

この禅問答のような言葉。どう解釈すればよいのだろう…。
# by tatsuokotaki | 2015-08-30 22:02 | Trackback | Comments(2)

 Paris日記  2015/8/27

b0011771_6561577.jpg
昨日のパリは夏日に戻って暑かったが、今日は朝から冷たい雨。気温も17℃と肌寒い。サンマルタン運河に観光客の姿はなく、雨に濡れた枯葉が所在なげに石畳に貼り付いている。
雨の日の撮影は傘が邪魔だし好ましくないが、秋の雨は嫌いじゃない。
それにしてもヨーロッパの人は傘をささずに歩くのがよほど好きらしい。今日は朝から本格的な雨なので、傘を忘れてきたとは思えない。日本人は雨に濡れて歩くのは(多分)好きではないと思うのだが、ヨーロッパの人は雨に濡れて歩くのを楽しんでいる気配さえある。
カメラがなければ長靴にフード付きのパーカーでも着て、雨の日のパリの街を自由に歩いてみたくなった。
雨の運河沿いで、アッジェの世界を撮影した一日。
# by tatsuokotaki | 2015-08-27 21:26 | Trackback | Comments(0)

 Paris日記  2015/8/25

b0011771_8381362.jpg
プラハからパリに移動して一日目の街歩き。パリもバカンス・シーズンが過ぎて、朝夕は寒いくらいだ。今日はモンマルトルに行ったが、観光客の姿もめっきり減って、こんな静かなモンマルトルは始めてかもしれない。
今回のパリは、制作中のパリの写真集の撮り直し分の撮影が主目的だが、新たな写真も撮れればと思っている。今年のパリはプラハ同様に暑かったようだが、いまは冬に向かって急速に季節が変わりつつあるようだ。空には厚い雲が垂れこめて、モノクローム写真の撮影には打ってつけの一日だった。
b0011771_844499.jpg
b0011771_8385822.jpg

# by tatsuokotaki | 2015-08-25 23:42 | Trackback | Comments(0)

 Praha日記  2015/8/21 

b0011771_7223851.jpg
一日の撮影を終えて、すっかり気に入って通いつめているルツェルナ宮殿へ。
ワイン・ショップのテーブルで白ワインでひと息入れてから、キノ・ルツェルナでエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画「AMY」を観る。仕事の後に観るには、ちょっと重た過ぎる内容だった。
b0011771_72334.jpg
  酒が水やコカコーラよりも安い国。酒飲みには最高かもしれない。
b0011771_7233261.jpg
チェコで最初にできた映画館、キノ・ルツェルナ。豪華な内装のまま営業中。
b0011771_7235161.jpg
  プラハとエイミー、デカダンな雰囲気が似合っている。
# by tatsuokotaki | 2015-08-21 23:21 | Trackback | Comments(2)

  Praha日記  2015/8/18

b0011771_16562686.jpg
涼しくなったので、街歩きも快適です。
トラムの先に見えるのは、ルツェルナ宮殿のブルーのネオン。この建物は1907~21年にかけて、元チェコ大統領のヴァーツラフ・ハヴェルの祖父によって建設されたそうです。プラハで最初の多目的建物で、宮殿と名は付いていますが今日のテナントビルのはしりですね。
建物内には長いパサージュが縦横に走っていて、雨の日でも買い物や食事ができます。チェコで最初にできた映画館も健在です。
下の写真(逆さ馬にまたがる聖ヴァーツラフ)は、チェコの現代彫刻家デヴィッド・チェルニーの作品。宮殿のパサージュの天井からぶらさがっています。その下のテレビ塔をよじ登る赤子も同様にチェルニーの作品。
プラハも残り4日間。明日からは天気も回復するようです。
b0011771_16565671.jpg
b0011771_28298.jpg
b0011771_1657354.jpg
   空からはメリー・ポピンズおじさん。
# by tatsuokotaki | 2015-08-19 19:35 | Trackback | Comments(0)

 Praha日記  2015/8/16

b0011771_16443326.jpg
夜明け前、雨音で目がさめた。
プラハに来て始めての雨が、雫となって天窓をながれてゆく。
雨の日曜日。
涼しくなるとよいのだが。
# by tatsuokotaki | 2015-08-16 09:59 | Trackback | Comments(0)

 Praha日記 2015/8/15

b0011771_4224051.jpg
朝から少しだけ涼しい。今日は9番のトラムに乗って、旧市街の東にあるジジコフ地区に行った。一度トラムを降りて歩いたが、情報も土地勘もなく調子が出ないので、再びトラムに乗って車窓からロケハンしながら9番線で街外れまで行ってみた。それでも写真は撮れそうにないので、今日は諦めてトラムで旧市街へと引き返した。
午後は強い太陽が照りつけて、再び暑い一日となった。
ヴァ―ツラフ広場でトラムをおりて、先日マークしておいたプラハ本駅へと向かった。駅舎の地下は近代的なショッピングセンターでたくさんの人で賑っているが、地上階の古い駅舎とプラット・ホームは人気もなく、地下とは別世界だ。駅舎の奥に進むと、美しいドームの下がカフェになっていて、そこでコーヒーを飲んだ。
ここは地下駅の喧騒が嘘のように静かで、一瞬自分がいる場所を見失いそうになった。上野駅にある“ブラッスリー・レカン”を思い出した。
b0011771_423846.jpg
巨大なドーム形天井の下がカフェになっている。
# by tatsuokotaki | 2015-08-16 04:27 | Trackback | Comments(0)

  Praha日記  2015/8/14

b0011771_650368.jpg
プラハは快晴、気温は相変わらず高い。今日はユダヤ人地区を歩いたが、墓地やシナゴーグは写真を撮る気にならなかった。あまりに暑いので近くのインター・コンチネンタル・ホテルに一時避難して、クーラーの効いたロビーのカフェでパスタを食べた。先日食べたのもそうだったが、プラハのパスタはなぜか太めの中華麺みたいだ。
久しぶりにクーラーの部屋でリラックスして、ヴルタヴァ川に架かるチェフ橋から午後の撮影を開始した。太陽を避け、橋柱の陰でフィルム交換を終え空を見上げたら、ウォー!っと驚くような光が天使の背後から降りそそいでいた。
今回のプラハ撮影はすべて徒歩で、今日までメトロやトラムには一切乗っていない。この後、ヴィシェフラドまでの移動に始めてトラムに乗った。
キュビズム建築の住宅を見て、丘の上の聖マルティン教会の墓地など撮影して本日の予定終了。再びヴルタヴァ河畔におりて、鉄道橋が見える船の上でビールでオツカレさんをした。川風に吹かれて心地よく酔っ払っていたら、船上でコロンビアから来たという一団が音楽に合わせて踊り始め、隣席にいたモーガン・フリーマンそっくりオジサンが、ご機嫌で愛想をふりまいてきた。
帰路はトラムには乗らずに、河岸をぶらぶらと歩いたらあっという間にアパートにたどり着いた。プラハは徒歩に限る。ただし涼しい時に。
# by tatsuokotaki | 2015-08-15 08:16 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月