小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

 木陰の休日 2016/7/3

b0011771_028386.jpg
b0011771_0285584.jpg
森の入り口のブーランジェリーでランチ・タイム。
b0011771_0291551.jpg
ついでにケーキ。
b0011771_0293213.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-07-04 00:36 | Trackback | Comments(0)

 イギリスの夏 2016/7/1

b0011771_0431617.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-07-02 00:44 | Trackback | Comments(0)

 夜明け

b0011771_182267.jpg
 PRAHA 2015
# by tatsuokotaki | 2016-06-23 01:09 | Trackback | Comments(0)

 南アルプスの青いケシ 2016,6,15

b0011771_18502650.jpg
ヒマラヤ、チベット、ミャンマーなど標高5000m級の高地が原産の青いケシ(メコノプシス)。南アルプスの麓、大鹿村の大池高原(標高1500m)でも、いま涼しげな花を咲かせている。年中行事のように、8年もこの場所に通い続けている。
青いケシが終わると、大鹿村に夏がやって来る。
b0011771_1858244.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-06-15 18:51 | Trackback | Comments(0)

 アンジェニュー  2016/6/12

b0011771_830539.jpg
フランス製シネ用レンズ、アンジェニュー25mmf0.95で撮影した写真。
嘗てのNASAの月探査記録用に使用されたそうだが、この非現実的描写は月面のスタジオ撮影には打ってつけだったかもしれない。
b0011771_831394.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-06-12 08:31 | Trackback | Comments(0)

 記憶     2016/6/9

b0011771_17491897.jpg
 Venezia 2016
# by tatsuokotaki | 2016-06-09 17:49 | Trackback | Comments(0)

 スデクの写真  20156/6/5

b0011771_1392017.jpg
Josef Sudek(ヨゼフ・スデク)のプリント。
スデクの“時”が封じ込められている。
# by tatsuokotaki | 2016-06-05 01:40 | Trackback | Comments(0)

 HIROSHIMA  2016/6/1

b0011771_0101246.jpg
オバマ大統領の広島訪問時の演説は、自身の平和への想いが込められた、かっこよすぎるくらい素晴らしい出来だったと思う。
ただし、この演説をした当人がトップを勤める国が、常に世界のどこかで戦争を続け、多くの殺戮をくり返している事実を思うと、日本のマスコミが報じるように手放しで演説に酔いしれる気にはとてもなれない。
仮にボクが被爆の当事者、あるいは遺族であったなら、まず原爆で多くの人の命を奪ったことへの謝罪が全ての始まりだと思う。おそらく被爆者や遺族の方々も、同様の想いではないかと推察するが、日本のマスコミはこうした声をまったく報じない。
アメリカが戦争を終結するために原爆を落としたという大義名分を唱えるのなら、映画『ブレード・ランナー』に出てくるラーメン屋のオヤジのセリフではないが「ひとつで十分」、広島と長崎の2箇所に落とす必要などなかったと言いたい。もちろん核兵器を使用すること自体許せる行為ではないが。
人を許すという気持ちはとても尊いし、今回の広島の被爆者の人たちの態度は立派だったと思う。ただ今の日本社会を見ていると、強者に対しては従順だが、弱者に対する思いやりや配慮の無さが顕著のような気がしてならない。
そんなことを考えさせられたオバマ広島訪問でした。

Georges Moustaki Hiroshima
# by tatsuokotaki | 2016-06-02 00:11 | Trackback | Comments(0)

プラハの写真展 2016/5/26

b0011771_1656283.jpg
gallery bauhausの10周年記念企画「プラハ年」は、プラハを撮影した5人の写真家の作品展を順次開催中です。
現在展示中の横山佳美に続き、ミロスラフ・クベシュ、水島雅美、田中長徳と続き、12月には小瀧達郎写真展「Metaphor カフカとの対話」(仮題)を予定しています。
先週から、昨年撮影した60本ほどのフィルムから、印画紙の選定を兼ねてテスト・プリントを始めています。
コンタクト・プリントもまだろくに見ていないので、展示構成のイメージもできていないのですが、これからプリントを進めながら少しずつ展示内容を固めていきます。
先日、ギャラリーに課外授業でやってきた早稲田大学国際教養学部の生徒さんに、どんな展覧会になりますか?と聞かれたのですが、ボクにとってのプラハは、やはり敬愛するカフカへのオマージュとなりそうです。

彼は、彫像を彫り終えた、と思い込んでいた。
しかし実際には、たえず同じところに鑿(のみ)を打ちこんでいたにすぎない。
一心に、というより、むしろ途方にくれて。
 フランツ・カフカ ―断片― 訳:頭木弘樹

カフカの出口のない絶望感、つげ義春の世界に通じるものがあって共感を覚えます。
# by tatsuokotaki | 2016-05-26 18:30 | Trackback | Comments(0)

 森を歩く      2016/5/18

b0011771_1744689.jpg
チューリップやブルー・ベルが咲く5月の森を歩く。
b0011771_1933104.jpg
―ボガートの映画のような朝―で始まるアル・スチュアートの“イヤー・オブ・ザ・キャット”。
先日のビルボードTokyoのライブで、「この曲は映画“カサブランカ”にインスパイアされて作ったんだ」とアル・スチュアートが言っていた。
「彼女は猫の年からやって来た」という不思議なフレーズがあるが、外国には猫年ってあるのかな?
b0011771_17442313.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-05-18 17:44 | Trackback | Comments(0)

コンタクト・プリント  2016/5/17

b0011771_0355830.jpg
雨の日は暗室。
今日はヴェネツィアのコンタクト・プリントをすべて終らせた。
以前は6カットずつ切ったネガを、ネガ袋から出して印画紙に並べていたが、いまは透明のネガシートに入れたままガラスで押さえて露光している。
ネガにゴミも付かないし、セレクト用のクオリテイーはこれで十分。スキャナーを使ってコンタクト・プリントを作るより効率が良く、仕上がりも良好です。
# by tatsuokotaki | 2016-05-18 00:38 | Trackback | Comments(0)

 アマリリス  2016/5/13 

b0011771_17123721.jpg
屋上に放置してあるのに、毎年こんな見事な花が咲く。
人間同様、ほっとくのがいちばんかもしれません。

NOCTILUX開放(f1)、カメラはOLYMPUS OM-D E-M1で撮影。
# by tatsuokotaki | 2016-05-13 17:20 | Trackback | Comments(2)

 夜明け   2016/5/12

b0011771_2041459.jpg
  暗室を出て部屋に戻ったら夜が明けてきた。
  公園の鳥がいっせいに鳴きはじめた。
  今日は暑くなりそうだ。
# by tatsuokotaki | 2016-05-12 04:49 | Trackback | Comments(0)

 プラハのテスト・プリント 2016/5/10  

b0011771_22529100.jpg
暗室で秋の展覧会用の「プラハ」のテスト・プリントを始めました。
ふだんマット系の印画紙を使うことが多いので、時おり黒の締まり具合にものたりなさを感じることがあります。今回はグロッシー(光沢)紙を使用して、思う存分黒を締めて日頃の欲求不満を解消するつもりでいます。
プラハの写真だからという訳でもないのですが、チェコ製の印画紙fomatoneの111と131をテストしています。この後現像液との相性も何種かテストして、秋までに本番プリントを仕上げます。
# by tatsuokotaki | 2016-05-10 22:06 | Trackback | Comments(0)

 5月の一日 2016/5/8

b0011771_0145893.jpg
屋上の小さな庭でバラが咲き始めた。
# by tatsuokotaki | 2016-05-08 23:30 | Trackback | Comments(2)

 Venezia La Festa 2016/4/27

b0011771_1433135.jpg
ヴェネツィアのサンマルコ広場にある老舗カフェ、フローリアン、ラヴェーナ、クアドりの楽団の音源を収録したライブCD。鐘の音を背景に始まる演奏に旅情をそそられる。
夏の夕暮れ時、広場のカフェの椅子で過ごす時間は幸せを感じるひと時。
ヴェネツィアを愛したワーグナーもこの広場に毎日通ったという。
# by tatsuokotaki | 2016-04-27 19:02 | Trackback | Comments(2)

 flower 2016/4/12

b0011771_1984934.jpg
屋上のランがきれいに咲いたので、花瓶に活けて写真を撮った。
窓からの自然光を手鏡のレフで受けて、レンズはカールツアイス・イエナ50mm。
自然光に勝る光はない。
# by tatsuokotaki | 2016-04-12 16:24 | Trackback | Comments(0)

 春まだき  2016/4/5

b0011771_23162.jpg
 春まだき。
 桜は蕾、冬景色にしばし見入った。
 4/5の奥多摩湖で。
# by tatsuokotaki | 2016-04-07 02:05 | Trackback | Comments(0)

 “カフェ”という名のカフェ 2016,3,30

b0011771_15452329.jpg
 “カフェ”という名のカフェ
 ヴェネツィアで過ごす旅の午后
 ゆるやかに時が過ぎる
# by tatsuokotaki | 2016-03-30 15:47 | Trackback | Comments(0)

スーパー・アンギュロン 21mm 2016/3/23

b0011771_11102010.jpg
ライカにスーパー・アンギュロン21mmを付けて木更津を歩いた。
以前にも書いたかもしれませんが、学生時代はニコンFのボディに、ニッコールの21mmレンズを常時付けて街歩きをしていました。ニッコールの21mmはミラー・アップして使うタイプで、お世辞にも高性能レンズとはいえないのですが、著しい周辺光量落ちが好きで使っていました。
最近はライカに50mmの標準レンズを付けて撮ることが多いのですが、21mmという画角はボクにとってはちょっと特別な世界観があって、思い入れのあるレンズです。
木更津の海中に電柱がたち並ぶ海岸は、いまや観光スポットのようで、中国人の若者たちが大勢やってきて記念撮影をしていました。
b0011771_11124184.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-03-23 13:06 | Trackback | Comments(0)

 運河の眺め  2016/3/16

b0011771_023789.jpg
この部屋はまるでカズオ・イシグロの小説『老歌手』(原題Crooner)の舞台のよう。
アメリカの老いた大物歌手とその妻の、ヴェネツィアを舞台にした別れを描いた短編。
夜更けに妻のいる窓辺にそっとゴンドラを寄せて、出遭った頃の歌を奏でる
―ほろ苦く切ない物語。
# by tatsuokotaki | 2016-03-17 00:18 | Trackback | Comments(0)

 gallery bauhausの10周年 2016/3/15

gallery bauhausが今年の秋で開設10周年をむかえます。
光陰矢のごとしといいますが、過ぎてみればあっという間の10年間。
お力添えいただいた方々および写真家の面々に、この場を借りてお礼申し上げます。
開設10周年を記念して、次の二つの企画が進行中です。

一つ目は「プラハ年」と題した写真展。
プラハを撮影した5人の写真家の展覧会を個別に順次開催いたします。
二つ目はgallery bauhaus初の写真集の刊行です。
小瀧達郎が2010年から2014年にかけて撮影したパリのモノクロームの写真集です。
文章は芥川賞作家の堀江敏幸氏の書き下ろしです。
以下詳細です。

gallery bauhaus開設10周年「プラハ年」記念写真展
  横山佳美写真展「PRAHA モノローグ」4/20~
  ミロスラフ・クベシュ写真展「PRAHA 人間よ 汝は誰ぞ」6/22~
  水島雅美写真展「PRAHA」(仮題)9/13~
  田中長徳写真展「PRAHA」(仮題)10/20~
  小瀧達郎写真展「PRAHA カフカとの対話」(仮題)11/30~
  *開催日程は多少変更となる場合がございます。
b0011771_16234056.jpg
PRAHA ©Yoshimi Yokoyama 中央に見えるのは、プラハが生んだ偉大なる写真家
ヨゼフ・スデクの彫像。

gallery bauhaus開設10周年記念出版。
  小瀧達郎写真集『Paris 光の廻廊』  文 堀江敏幸
  発行 gallery bauhaus 120ページ モノクローム3色刷り 布装秩入り。
  本年秋に刊行予定。
b0011771_20164745.jpg
      PARIS ©Tatsuo Kotaki




# by tatsuokotaki | 2016-03-15 17:51 | Trackback | Comments(0)

 スイカ・バンビーノ  2016/3/3

b0011771_17505121.jpg
3月3日の誕生日にヴェネツィアから“すいか坊や”が届く。
ヴェネツィアン・グラスのマエストロ、ピノ・シニョーレットの会心作。
スイカを模ってはいるが、ピノは恐らく子宮をイメージしていたのではあるまいか。
リビングのテーブルに置いて毎晩眺めている。
自分への誕生日プレゼント。
# by tatsuokotaki | 2016-03-03 23:08 | Trackback | Comments(0)

 カルネヴァーレの夜  2016/3/2

b0011771_17485059.jpg
明らかにプロの芸人とみられるこの男。シャンパン片手に流暢な即興オペラで、カフェ・フローリアンを興奮の坩堝と化した。
フローリアンはどれほどタダ酒を飲まれていることやら。
b0011771_14422820.jpg
ひと際異彩を放つこの二人、怪僧と娼婦といった感じ。
どうやったらこんな巨乳になるのか、思わず目が釘付けになった。
# by tatsuokotaki | 2016-03-02 14:43 | Trackback | Comments(0)

 冬の旅   2016/2/29

b0011771_2032266.jpg
 新潟へ旅をした。
 淋しいけれど、日本海は冬が似合う。
 理由はわからないが、
 そういうものだ。
b0011771_2085290.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-02-29 20:03 | Trackback | Comments(0)

 さらばヴェネツィア  2016/2/20

b0011771_1953691.jpg
明日は日本に帰国する。
スキャヴォーニ河岸のカフェで沈み行く夕日を眺めながら、少しメランコリックな気分になった。
1984年から長い間ヴェネツィアとかかわって来た。
今回の旅まで約十数年の空白があったけれど、この場所に立つと何事もなかったかのように静かな時間が流れていた。
この十年にいろいろなことが自分に起きて、ヴェネツィアに行くことが正直いって怖い気がしていた。十年の間に亡くなった人もいるが、元気でいる人たちの顔もそっと見ることができた。自分の中の杞憂がバカらしくなるくらい、ヴェネツィアは変らずにそこにあった。
そしてボクの心の中で、新たなヴェネツィアとの関係が生まれた気もする。
街を流れる運河の水は、東京のわが家の近くを流れる神田川と大差なく思える。
しかし冬の光の中で刻々と移り行く水の色を眺めながら、あー、やはりヴェネツィアは美しいと思った。
# by tatsuokotaki | 2016-02-24 19:39 | Trackback | Comments(2)

 Venezia便り  206/2/19

b0011771_619389.jpg
b0011771_6195542.jpg
b0011771_62011100.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-02-20 06:20 | Trackback | Comments(0)

 Venezia便り  2016/2/18

b0011771_6103153.jpg
今朝は早起きしてリアルト市場まで食材の買出しに行った。ムール貝を1キロと活きたシャコ、サン・ピエトロの切り身、ヴェネト州の白ワイン、セロリなどを買って、市場内のカフェで朝食を摂ってコーヒーを飲んだ。
b0011771_6105638.jpg
魚介類は冷蔵庫に、セロリは運河沿いの窓辺に出して、今日の撮影に出かけた。
b0011771_6111746.jpg
b0011771_7141614.jpg
撮影から戻って、シャコは茹でて、ムールはセロリを刻んでガラス鉢一杯のワイン蒸しにして晩餐。満腹でサン・ピエトロは明日にまわした。
わずか4ユーロ50のヴェネトの白ワインは、口当たり良く頭痛もせず酔い心地がとても良い。ウチご飯は安上がりだし、酔っ払うとすぐに眠くなるボクには最高なのであります。
# by tatsuokotaki | 2016-02-19 07:25 | Trackback | Comments(0)

ヴェネツィア便り  2016/2/16

b0011771_845296.jpg
十年ぶりのヴェネツィアは想ったほどの変化もなく、むしろ変わり映えしない日常が営々と続いているといった感がある。もっとも千年に及ぶこの街の基盤たるものが、わずか十年で揺らぐほどのものでもないのだろうが。
90年代の初めにカラーで撮影したヴェネツアの写真集を上梓したが、今回はモノクローム・フィルムを使って、あらためてこの街と向きあっている。
他のヨーロッパの都市に比べ訪れた回数は群を抜いているが、迷宮の新たな入り口がどこにあるのか、毎日街歩きを続けている。
# by tatsuokotaki | 2016-02-16 23:18 | Trackback | Comments(0)

 トルッチェッロ島   2016/2/15

b0011771_725433.jpg
 フィリップ・グラスの音楽のような風景。
b0011771_7252422.jpg
b0011771_7255178.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-02-16 07:27 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月