小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 ロバート・フランクのダミー本  2016/9/29

b0011771_15145576.jpg
ロバート・フランクの写真集『私の手の詩』(邑元舎刊)のダミー本。
フランク氏自ら手作業で制作したもので、プリントはすべて生写真を貼り付けてある。
写真史に残るであろう貴重な宝モノです。
b0011771_15151217.jpg

by tatsuokotaki | 2016-09-29 15:27 | Trackback | Comments(2)

ウスクダラのグラス 2016/9/28

b0011771_1143296.jpg
写真家の小松さんにプレゼントされたグラスとスプーンで朝のコーヒー。グラスはトルコのウスクダラ、スプーンはモーリタニア製。こうした現地の人が日常使っている雑器の「用の美」にとても魅かれます。
小松さんはボクが行かないような場所にたくさん旅しているので、器を通して見知らぬ国へ旅をさせてもらっています。

江利チエミの「ウスクダラ
歌詞が秀逸。
by tatsuokotaki | 2016-09-28 11:47 | Trackback | Comments(0)

 ヒルトップ農場

b0011771_0391745.jpg
この白い花をつける大木はなんだろう。絵本『ピーターラビット』の作者ビアトリクス・ポターのヒルトップ農場を訪れると、いつもその美しさに圧倒される。
それにしてもイギリスの野原からウサギの姿が消えたのはなぜだろう。
約一ヶ月、湖水地方からウェールズを旅したが、その間一度もウサギを見ることがなかった。
偶然かもしれないが、何か別の要因でなければよいのだが…。
b0011771_124354.jpg
b0011771_125576.jpg

by tatsuokotaki | 2016-09-19 00:52 | Trackback | Comments(0)

 ヘブデン・ブリッジ  

b0011771_7251725.jpg

by tatsuokotaki | 2016-09-16 07:26 | Trackback | Comments(0)

 Blackpool,UK  2016/9/15

b0011771_13503164.jpg
小津安二郎の映画のような仄々とした光景。
昭和初期の日本には、こんな人たちがいたような気がします。
by tatsuokotaki | 2016-09-15 13:50 | Trackback | Comments(0)

イギリス日記 旅の終わり 2016/9/3

b0011771_1764314.jpg
冷気でくもった窓ガラスからのやわらかい光で、コーヒーカップの湯気が温かく感じる。
旅の終わりはいつも少し感傷的な気分。明日は日本に帰国する。
ロンドンはもう秋だ。
by tatsuokotaki | 2016-09-03 09:06 | Trackback | Comments(1)

イギリス日記 バタシー火力発電所 2016/9/1

b0011771_722717.jpg
再開発が進んでいるテムズ河岸のバタシー火力発電所を見に行ったら、4本あった巨大な煙突が台座を残して1本だけになっていた。
ボクはこの煙突が好きで発電所が稼動中から写真を撮り続けてきた。何度もの再開発計画が頓挫した後、長年廃墟になっていたこの場所が、煙突を残して再開発される話を聞いたときは心底うれしかった。一昨年見たときは4本の煙突に工事用の囲いが設置されていて、今日は工事の進行状況を見に来たのだが…。
よもやどこかの国のように、利権優先のご都合主義で計画変更か?などと、浮かぬ気持ちでアパートに戻って調べてみたら、事情はいささか違っていた。
煙突は傷みが激しいため以前と同じ工法で再建され、煙突の先端にはガラス張りの展望台も作られるらしい。
さすがイギリス!完成予定は2025年、その日を楽しみに待ちたい。

写真左奥、台座と1本だけ残された煙突が見える。
ピンクフロイドのアルバム『アニマルズ』のMV撮影風景。
by tatsuokotaki | 2016-09-02 08:09 | Trackback | Comments(0)

 イギリス日記 テットベリーからレイコックへ 2016/8/31

b0011771_7592746.jpg
コッツウォルズ2日目の今日はテットベリーのアンティーク・ショップを廻った。一昨年も感じたことだが、イギリスのアンティークもひと昔前にくらべ、圧倒的に品薄になった。テットベリーのアンティーク・ショップは、どちらかというと古い家具などを扱う店などが多く、リペアすれば見違えそうな安価な椅子がいくつかあった。
一通り見て廻ったが目ぼしいものは見つからず、たまたま昼ごはんを食べに入ったカフェに併設されたショップで、日本人が大好きなS・Cのティー・セットをびっくりするほど安い値段で手に入れた。
b0011771_823580.jpg
午後はレイコック村に移動して、フォックス・タルボット・ミュージアムとレイコック・アビーを巡った。ご存知の方も多いと思うが、フォックス・タルボットは近代写真の先駆けとなるカロタイプ写真術を発明した人物である。この発明が後に近代写真のネガポジ法へと引き継がれる。
タルボットは生家であるレイコック・アビーなどをカロタイプ写真に収め、写真集『自然の鉛筆』を制作した。
b0011771_8391476.jpg
内部は映画『ハリー・ポッター』のロケにも使用された。
b0011771_8393564.jpg
レイコック村のミステリアスな昼下がり。
b0011771_8395988.jpg

by tatsuokotaki | 2016-09-01 08:31 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月