小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 英国日記(8/8)  サウスエンド・オン・シー

b0011771_17194368.jpg
遠くに見えるのは全長2キロもある世界最長の桟橋(遊歩道)。
b0011771_17201074.jpg
海沿いにレトロな感じの遊戯場が並んでいる。
b0011771_17202538.jpg
タイムスリップしたような古風な看板。この赤まさにイギリスだ。
b0011771_17203832.jpg
今日から撮影旅行に出る。朝いちばんでマーブル・アーチのHERTZへ。日本でハーツ・ゴールド・メンバーズとやらに会員登録(無料)していったら、店の電光掲示板にでかでかと名前が表示されていた。まるで日本の温泉旅館の何々様ご一行みたいだが、会員になると車を借りる際の面倒な手続きが一切不要。国際免許証を提示したのみで地下の配車場に直行だった。そのうえ日産DUKEを予約していったのに、新車のベンツBクラスのワゴン車にアップグレードしてくれた。大きなスーツ・ケースが二つとカメラ機材があるのでDUKEでは心もとなかったのだけれど、ベンツの荷室には楽々納まった。
渋滞税がかかるロンドン中心部をさけて、マリルボーン・ロードからA13でサウスエンド・オン・シーに向かった。ロンドンはやたらに車が多く、一般道は渋滞続きだった。
サウスエンド・オン・シーは初めての町なので、海辺に出るのにややまごついた。今回の旅はガーミン(海外仕様のカーナビ)を持参したが、今日はじめての使用なのではたしてどの程度信頼してよいのやら…。
潮が引いた砂浜の先には、ムツゴロウでもいそうな泥の海底が続いている。水辺は肉眼では確認できないほど遥か彼方だ。暗く垂れ込めた雲間からは急に激しい雨が降りだした。しばらく車で待ったが、雨はいっこうにやむ気配がない。どうにも撮影はできそうにないので、近くにあったレストランで食事をした。窓から外を見ても、海辺にはほとんど人影がない。
偶然入ったレストランだけは地元客らしき人たちで賑わっていて、ロブスターとカニのパスタはなかなかおいしかった。
食事の後、海沿いに車を走らせ、雨が小降りになる合間を縫ってレトロな遊技場などをライカとローライ・フレックスにモノクローム・フィルムを詰めて撮影した。
忘れられたような海辺の町は、嘗てのブライトンのような独特の雰囲気がある。今回はあまり時間をとってないので、次回にあらためて撮影したいと思った。
人気がないのに海辺のホテルはみな満室だった。雨の路をカンタベリーへ向かった。
by tatsuokotaki | 2014-09-30 01:49 | Trackback | Comments(2)

   秋日和   2014/9/28

b0011771_23483661.jpg
 イギリスから帰ってから毎日やたらに眠い。
 時差ボケはとっくにとれたはずなのに、ごろりと横になるとすぐ寝てしまう。
 普段から眠るのはそんなに好きではないし、出来ることならずっと起きていたい
 のに、これはいったいどういうことなのか。
 仕事もあれこれ忙しく「英国日記」もなかなか書けません。
 今日は朝から気持ちのよい秋日和。
 ひさしぶりに屋上庭園の手入れをして過ごしました。
 ススキの陰で咲いていた白い萩を切って、短い秋の一日が終わりました。
by tatsuokotaki | 2014-09-28 03:47 | Trackback | Comments(0)

  英国日記(8/7)   LONDON街歩き

b0011771_16515142.jpg
b0011771_1734914.jpg
b0011771_15183138.jpg
b0011771_1520158.jpg
b0011771_1439112.jpg
明日からの撮影旅行の準備を兼ねてロンドンの街をスナップしながら歩きました。20年以上も使い続けているAAの地図がボロボロなので買い換えることに。ただし古い地図は年月分の書き込みがあるので、宝物でもあります。今回はガーミン(カーナビ)を持参したので出番は減りますが、地図を見る楽しみは残しておきたいと思います。
地図を買って、大英博物館近くの中古カメラ店をのぞいて(目ぼしいものは何もなし)、昼食は行きつけのソーホーにある越南菜館でベトナム・フォーと揚げ春巻き。いつも注文する“三色水”(ココナツや小豆が入ったベトナム流スイーツ)がメニューから消えていた。
コヴェント・ガーデンで大道芸人を撮影してからPall Mallの釣具店ファーローズへ。イギリスの旅行の時はいつも履いている、brasherのゴアテックス製ウォーキング・シューズを新調した。この靴は街歩きにも釣りをするときにも重宝しているのだが、日本には入っていない。
旅の後半に釣り休暇を入れてあるので、同じくPall Mallにある老舗釣具店ハウス・オブ・ハーディーに行ったら工事中で店がなくなっていた。
久しぶりのロンドンだが、街を歩いていて以前のように購買意欲をそそられるものが殆どなくなった。中古カメラ店も商品はまばらだし、衣類もトラデショナルなものを除いてはいささか時代遅れといった感がする。男女ともにファッション関係は東京の方が遥かにオシャレでレベルは高い。これはパリも同様な気がする。
事の良し悪しは別にして、つくづく東京には何でも揃っているなぁとあらためて感じました。これはひとえに日本人の勤勉さがなしえた部分が多いのかもしれませんが、そのために費やす時間や労力を考えると、ぼくのような怠け者は頭が痛くなります。別にそんなにすべてが揃っていなくとも死にはしないのにね…。
たまには日本を離れ、海外から自国を眺めて頭をニュートラルにリセットするのも旅の効用かもしれません。
by tatsuokotaki | 2014-09-19 16:54 | Trackback | Comments(0)

 英国日記(8/6)   Crystal Palace  

b0011771_23453078.jpg
1851年にロンドンのハイドパークで開催された世界初の万博(別称:水晶博覧会)の会場として建造されたクリスタル・パレスは、産業革命によってもたらされた鉄とガラスの巨大なパビリオンでした。全長563m、幅124m、高さ22m、使用されたガラスは30万枚といわれています。
博覧会終了後の1854年、クリスタル・パレスはロンドン郊外シドナムに移築され、いまで言うところのテーマ・パークとして盛況を博しました。ところが1936年に起きた大火災は、一夜にしてこの巨大な硝子の宮殿を灰と化してしまいました。
中国人の投資家の手で再建の話もあるようですが、いまでは伝説と化したクリスタル・パレスの残滓が廃墟となって残っています。
by tatsuokotaki | 2014-09-15 23:46 | Trackback | Comments(0)

 英国日記(8/5)   2014/9/14

8月から9月にかけて一ヶ月、イギリスの海辺の町を車で移動しながら撮影旅行をしました。ロンドンの南東のサウスエンド・オン・シーに始まって英仏海峡に沿ってコーンウォール半島を廻り、コッツウォルズで夏休みを過ごしてロンドンに戻りました。走行距離は約1800キロ。十年ぶりのイギリスは昨年のオリンピックの余波のせいか観光客がいちだんと多いように感じました。車がやたらに増え、どこに行ってもエスプレッソ・マシーンのコーヒーが飲めるようになりました。イギリスも少しずつ変化しつつあるようですが、人は相変わらず親切でした。旅行中は撮影と移動で忙しくブログが書けなかったので、後出しですが日々の出来事を少しずつアップしていこうと思います。
b0011771_17265286.jpg
ロンドンでの最初の四日間は旅の準備です。この十年間、私生活であれこれあって大好きなイギリスにも来れなかったのですが、またこの国にやって来ることができました。今日はそのお祝いと、これからの撮影旅行がうまくいくことを願って、チェルシーにあるコンランショップのオイスター・バーでシ-・フードとシャンパンで祝杯をあげました。
b0011771_17411925.jpg
旧ミシュラン・ビルにあるこの店は東京にいてもときどき思い出すくらいロンドンでいちばん好きな店。十年ぶりの再訪なので今日はちょっと大盤振舞いしました。この店のオイスターは絶品です。
b0011771_1746059.jpg
b0011771_17544471.jpg
旧ミシュラン・ビル。エントランスの花屋さんがなくなっていましたが、タイルに描かれた絵やステンド・グラスが洒落ています。
by tatsuokotaki | 2014-09-14 07:18 | Trackback | Comments(2)

 St Michael's Mount   2014,9,3

b0011771_421462.jpg
潮が引くと島まで石畳の路が現れます。待ちきれずに首まで海水に浸かって、島を目指している家族がいました。ここはケルトの聖地です。
by tatsuokotaki | 2014-09-03 04:24 | Trackback | Comments(0)

  LONDON   2014,9,2

b0011771_8344721.jpg
長旅を終えてロンドンに戻ってきました。ホテルのイングリッシュ・ブレックファーストにもいささか飽きたので、今朝はブルームス・ベリーのアパートの近くの“Fork”というカフェでキッシュとカプチーノで朝食。イギリスのあのネチョネチョしたソーセージは何度食べても好きになれません。
b0011771_8354997.jpg
     ロンドンのチューブで。
b0011771_8362148.jpg
ケンジントン・ガーデンの広大な緑の芝生の一部には、このような雑草のフィールドがつくられています。こういった場所を好む人がけっこういるらしく、草に埋もれて昼寝をしている人を見かけます。ワインを一本空けて爆睡中の女性。
b0011771_8365324.jpg
何十年ぶりでカーナビー・ストリートを散策。一時は寂れていた記憶がありますが、いままた若者の集まる活気のある通りになっています。
by tatsuokotaki | 2014-09-02 09:05 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月