小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

<   2012年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

  石榴(ざくろ)     2012年10月31日

b0011771_1745330.jpg

by tatsuokotaki | 2012-10-31 20:01 | Trackback | Comments(1)

  モノクローム・プリント―その2  2012年10月30日

b0011771_1943054.jpg
アメリカのFreestyle(写真店)が独自ブランドで開発した印画紙、「ARISTA」が届いた。銀の含有量の多い最高級紙とうたっているが、パッケージの感じからすると、ベルゲールが製造しているのではと推測される。銀塩写真の感光材料が次々と姿を消してゆく中で、新製品がちらほらと出はじめているのは嬉しい限りだ。
明日はさっそくこの印画紙でテスト・プリントをする予定です。
by tatsuokotaki | 2012-10-30 19:07 | Trackback | Comments(0)

   モノクローム・プリント  2012年10月27日

b0011771_1173039.jpg
11月6日から始まる写真展「VENEZIA」のために、暗室で写真のプリン トをしています。今回の写真展のメインの展示はカラー作品ですが、思いたってモノクローム作品を数点追加することにしました。
使用引き伸ばし機はフォコマート1C、レンズはフォコターの50mmf4.5。
印画紙ストック用の冷凍庫からアルゲントーンとフォマの印画紙を解凍して、今日はコダックのデクトールとイルフォードのリキッドタイプ現像液でプリントしてみました。仕上げのアーカイバル(長期保存用)処理はコダックのラピッド・セレニウム・トナーを1:40に薄めて使用。水洗後、乾燥してドライマウント機で1分間プレスして、最終チェック。バライタ印画紙の場合は乾燥するとドライ・ダウン(黒くなる)するのでここまで仕上げてやり直しということも多々あります。
最後にスポッティング ― ネガに着いたゴミや傷がプリントに現れたものを細い筆と墨で修正して完成となります。
モノクローム写真はこのような工程を経て作品となります。なんともアナログで手間のかかる作業ですが、現像液の中で画像がまるで生きもののように変化する瞬間は背筋がゾクッ!としたりして、暗室作業は銀塩写真の醍醐味でもあります。
明日はアンスコ35という自家調合した現像液でプリントする予定です。
by tatsuokotaki | 2012-10-27 22:39 | Trackback | Comments(0)

 冬支度   2012年10月25日

b0011771_3303691.jpg
     朝、窓を開けたら、どこかから冬の匂いがしてきた。
     月曜日の朝10:30AM。
     用事を済ませて、風が冷たくなった街を気ままに歩いた。
    
by tatsuokotaki | 2012-10-25 23:46 | Trackback | Comments(0)

 ジャン・コクトーと海   2012年10月24日

b0011771_18595863.jpg
     私の耳は貝の殻 海の響を懐かしむ
                        ( ジャン・コクトー 詩 堀口大學 訳 )
   
by tatsuokotaki | 2012-10-24 00:42 | Trackback | Comments(0)

 水辺へ   2012年10月20日

b0011771_1222941.jpg
     柿田川にて
by tatsuokotaki | 2012-10-23 12:04 | Trackback | Comments(0)

 ライカ・ズマリット   2012年10月20日

b0011771_19331573.jpg
デザインの力というのは不思議なものである。ライカのレンズ、ズマリット用の専用フードを始めて見た時は、角ばっていて何と無骨なデザインだと思ったものだ。ところが使っているうちに、これが実に魅力的に見えてきた。
以前アルファ・ロメオ75という一見お弁当箱のような角ばったデザインの車があって、こちらも最初は「何て不恰好な車だろう」と思ったが、いまでも熱狂的なファンが多いのはこの車の特徴的なデザインに起因しているように思う。
車のみならず丸くて曲線的なデザインが多い昨今、この角ばったデザインの両者にぼくは何やら共通の魅力を感じてしまうのだ。
by tatsuokotaki | 2012-10-20 19:35 | Trackback | Comments(0)

   夢の中のパリ   2012年10月18日

b0011771_1105439.jpg
      パリの街を歩きながら写真撮影をしている夢をくり返し見る。
      そしてなぜか夢の中のパリは
      現実のパリよりもずっとずっと魅力的だ。
      ぼくが知っているパリも
      もちろん魅力的だが
      夢の中のパリは
      その数百倍もぼくを惹きつける。
  
      TOKYOにいるときも
      新しいライカ・レンズを手に入れたりすると
      「嗚呼、このレンズでパリを撮りたい」と
      心の中でひとり呟いているのです。
  
by tatsuokotaki | 2012-10-18 23:33 | Trackback | Comments(2)

 déesse   2012年10月17日

b0011771_19135464.jpg

by tatsuokotaki | 2012-10-17 19:15 | Trackback | Comments(0)

 Angel Voice    2012年10月12日

b0011771_115838.jpg
   手嶌葵 The Rose
by tatsuokotaki | 2012-10-12 01:15 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月