小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

<   2012年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Mt.FUJI           2012年1月31日(火)

b0011771_14272072.jpg
b0011771_14161939.jpg

by tatsuokotaki | 2012-01-31 21:17 | Trackback | Comments(0)

 冬の旅―Ⅱ         2012年1月30日(月)

b0011771_1113134.jpg
b0011771_111575.jpg
     氷柱(ツララ)が太陽にキラキラと輝いて
b0011771_1122458.jpg
     音符のような干し柿が音楽を奏でる。
b0011771_113514.jpg
久しぶりに忍野天祥庵で“ぶっかけ”を食べた。冷たい蕎麦に焼き味噌、ねぎ、なめこ、みょうがなどの具をのせつゆをかけてかき混ぜる。
b0011771_1133863.jpg
富士山が埋もれそうに巨大な氷塊が出来ていた。
b0011771_114619.jpg
     茜色の夕闇が降りてきた。
by tatsuokotaki | 2012-01-30 22:19 | Trackback | Comments(2)

 冬の旅―Ⅰ         2012年1月29日(日)

b0011771_119299.jpg
b0011771_1195357.jpg
薄氷が風に乗って桟橋に押しよせていた。  
b0011771_17392663.jpg
    薪ストーブの上でヤカンが奇妙な音楽を奏でる。
b0011771_181594.jpg
    煮えたぎった鉄なべで参鶏湯(サムゲタン)を食す。  
b0011771_17402051.jpg
    女王蜂の焼酎漬け。
by tatsuokotaki | 2012-01-29 22:45 | Trackback | Comments(1)

 春景色     2012年1月22日(日)

b0011771_2503419.jpg
 南伊豆ではまもなく桜が咲きはじめる
 あの濃いピンク色の‥‥

 雨の日曜日
 フラワー・ショップはもう春景色
 パステル・カラーのような淡い一日が
 何事もなく過ぎた
by tatsuokotaki | 2012-01-22 23:52 | Trackback | Comments(4)

 ”プレゼント”        2012年1月21日(土)

b0011771_17102780.jpg
   玉置浩二の曲を、いままでまともに聴いたことがなかったのですが、
   “プレゼント”はとても良い曲です。
  
by tatsuokotaki | 2012-01-21 17:10 | Trackback | Comments(0)

モノクローム写真の魅力     2012年1月20日(金)

b0011771_18502019.jpg
    米国コダック社が破産法適用申請をしたというニュースが伝わってきた。フィル
    ムと印画紙で作品作りをしている身としては、これは由々しき問題である。時代
    の流れとはいえ、写真の歴史とともに歩んできたコダックが無くなるとしたら、一
    抹の淋しさもある。デジタルへの対応の遅れが原因ともいわれているが、フィル
    ムにこだわったコダックの想いには共感する部分もある。
    現在、gallery bauhausで銀塩写真ばかりを集めた展覧会を開催中ですが、
    デジタル世代の中にも銀塩写真に興味を持つ人たちが増えてきています。
    デジタル写真の多様性や利便性はフィルムの比ではありませんが、ぼく個人
    としては容易に意のままになるものより、何かしら制約やハードルがあった方
    が何事につけ意欲がわいてきます。銀塩写真の世界はなかなか奥深く手強い
    ものがあって、暗室でプリントを始めてから40年たったいまでも日々格闘(や
    や大げさですが)しています。

    現代社会はすべからく二極化に向かっているように見えます。でも多分、より多
    様な価値観が共存できる世の中の方が面白いし、本当に豊かな社会といえる
    のではないでしょうか。
    写真の世界でもデジタルと銀塩が共存して、自由に表現方法を選択できるのが
    理想的です。ぼくはとりあえず、この世からフィルムや印画紙がなくなる(そんな
    ことはないことを願いますが)まで、フィルムと印画紙で写真を撮っていこうと思
    っています。
by tatsuokotaki | 2012-01-20 23:29 | Trackback | Comments(2)

猫町散歩              2012年1月15日(日)

b0011771_2152272.jpg
   谷中の猫町ギャラリーの「稲田敦 川上けいすけ展」に行ってきました。稲田さん
   は昨年ロシアで開催した人形展が大好評だったそうで、今年もロシアでいくつか
   の展覧会が予定されているそうです。
   稲田、川上さんにロシアで撮った写真を見せてもらって、タンバリンをたたくネズミ
   みたいな猫人形を一点購入しました。
   根津で“昔せんべい”を買って、日暮里の“花や”で広東麺と餃子、デザートにあん
   みつを食べて、腹ごなしに家まで歩いて帰りました。  -おわり-
b0011771_2153970.jpg
    どう見てもネズミだ。
by tatsuokotaki | 2012-01-15 22:16 | Trackback | Comments(2)

ろうばいの里               2012年1月8日(日)

b0011771_17483525.jpg
   去年はなにかと大変な一年だったが、今年もろうばいを観にくることができた。
b0011771_17455915.jpg
   群馬県安中市の“ろうばい祭り”の会場で。
b0011771_17534665.jpg
   人も犬も(たぶん)、あたたかい陽だまりは心地良い。
    犬も夢を見るのだろうか…。
by tatsuokotaki | 2012-01-08 21:46 | Trackback | Comments(0)

湯宿温泉       2012年1月7日(土)

b0011771_212382.jpg
      湯宿の湯は相変わらず熱い。
      ゴム・ホースで盛大に水を入れても、入れる温度になるまでに
      15分ほどかかる。
      数日前に降ったという雪が屋根で凍り付いていた。
b0011771_2135532.jpg
b0011771_2141269.jpg
      湯宿温泉の石畳を歩いていたら、昨年できたと言う無料休憩所
      に招き入れられた。旅館の旦那衆が交代で詰めているという。
      囲炉裏の炭で焼いた餅やみかん、ゆず茶などいろいろとごちそう
      になってしばらく話をした。地元の人がつげ義春の『ゲンセン館主
      人』をあまり知らないのは以外な気がした。ここに来る人の少なく
      とも何割かはつげファンではないかと思うのだが。
      湯本館にもどって湯治客のように出前をとって、近くの整骨院でマ
      ッサージをしてもらった。
      湯宿では好き勝手に出来るところがありがたい。
by tatsuokotaki | 2012-01-07 22:10 | Trackback | Comments(0)

 霧積温泉           2012年1月6日(金)

b0011771_264090.jpg
        お正月に友人のfacebookを見ていたらみんな温泉に行っている。
        2日から暗室に籠っていたのだけれど、やっと開放されたので群馬
        の山の中の温泉に出かけた。
        今夜の宿は、西条八十の詩「帽子」の舞台となった霧積温泉。
        群馬はさすがに寒い!六角形の浴槽の窓から冷たい月が見えた。
        39度というややぬるめの温泉に入って囲炉裏で食事をした。
        近頃、しばらく温泉に行かないとストレスがたまってくる。これはほ
        とんど温泉中毒かもしれません。
b0011771_292039.jpg
b0011771_293322.jpg
          母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?
          ええ、夏碓井から霧積へ行くみちで、
          渓谷へ落としたあの麦稈帽子ですよ。
          母さん、あれは好きな帽子でしたよ。
          僕はあのとき、ずいぶんくやしかった。
          だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。
          母さん、あのとき、向うから若い薬売が来ましたっけね。
          紺の脚絆に手甲をした。
          そして拾はうとしてずいぶん骨折ってくれましたっけね。
          だけどとうとう駄目だった。
          なにしろ深い渓谷で、それに草が
          背丈ぐらい伸びていたんてすもの。
          母さん、本当にあの帽子どうなったでせう?
          そのとき傍に咲いていた車百合の花は、
          もうとうに枯れちゃつたでせうね。そして、
          秋には、灰色の霧があの丘をこめ、
          あの帽子の下で毎晩きりぎりすが鳴いたかも知れませんよ。
          母さん、そして、きっと今頃は、--今夜あたりは、
          あの渓間に、静かに雪が降りつもっているでせう。
          昔、つやつや光った、あの伊太利麦の帽子と、
          その裏に僕が書いた
          Y・Sという頭叉字を
          埋めるように、静かに、寂しく。

                             西条八十 「帽子」
by tatsuokotaki | 2012-01-06 21:02 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月