小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

MILANOの冬         2011年2月28日(月)

b0011771_19252649.jpg
b0011771_19145128.jpg
    冷たい雨の降る朝のTOKYOで、冬のMILANOを想いだした。  
b0011771_19243754.jpg
    
      Mamiya6 MF 75mm KODAK EPR120
by tatsuokotaki | 2011-02-28 20:34 | Trackback | Comments(0)

湯島天神の梅      2011年2月27日(日)

b0011771_038499.jpg
暖かい昼下がり、湯島天神へ梅を見に出かけた。境内はたくさんの屋台が出ていて大賑い。梅は8~9分咲きといったところで、本殿うしろのピンクの枝垂れ梅が見事に咲いていた。写真を撮る合間に屋台の焼きたての煎餅や饅頭を食べ、試食用のこんぶ茶をもらって飲んだ。
昔、境内のすぐ隣のマションに8年ほど住んでいたので、この界隈は懐かしい場所でもある。写真を撮り終えてから湯島天神の女坂を下って、不忍池を散策した。上野名画座にぬける公園のベンチには、いつものようにマツコ・デラックスを幾分小ぶりにしたようなオカマさんが数人、煙草をふかしながら客待ちしていた。このあたりの怪しげな雰囲気は昔もいまもあまり変わらない。
アメ横を探検しながらお腹がすいてきたのでトルコ人の経営している屋台のケバブ屋に入ってみた。パリにもミルフィーユのように重ねた肉を太い金属棒にさして廻しながら、焼けた肉をナイフでそぎ落としバゲットにはさんでくれる屋台がある。肉をたくさん挟んだ半分のバゲットとポムフリ(フライド・ポテト)は安くてボリューム満点で、貧乏旅行をしていた当時はとてもありがたかった。
観梅の話がほとんど食べ物の話になってしまいました。花より団子だ。

   
by tatsuokotaki | 2011-02-27 22:38 | Trackback | Comments(0)

   Walk Out To Winter    2011年2月25日(金)

b0011771_19552166.jpg
1983年にリリースされたaztec cameraのアルバム「high land,hard rain」。
「ジョー・ストラマーのポスターが壁からはがれ落ち、そこにはもう何もはられていない」walk out to winter

パンク・ロックの後に出現したアコースティック・ギター・サウンド。
昨年1月のビルボードtokyoのロディ・フレイムのライブは、客席がhigh land hard rain~♪の大合唱で大盛りあがりだった。

Hastings,UK
Rolleifrex Planar 80mm
by tatsuokotaki | 2011-02-25 23:25 | Trackback | Comments(2)

ポトフ                  2011年2月24日(木)

b0011771_1593710.jpg
       昨年旅した伊那で見つけた土鍋でポトフを作った。
b0011771_1585522.jpg
b0011771_15113953.jpg
前菜はモッツァレラ・チーズとトマト、オリーブ。キャベツ、にんじん、たまねぎ、じゃがいも、セロリに「スモークハウス落合」から届いたソーセージを入れた。ここのロース・ハムも最高に美味しい。
b0011771_15121587.jpg
一時ドンぺりより美味しいと話題になっていたスペインのシャンパン、ロジャー・グラート。ロゼもいいが今日は カヴァ・ グラン・キュヴェを空けた。アルコールは強くないのだが、このシャンパンは美味しくて頭も痛くならない。おまけにインターネットで探すとロゼが1500円台で買える安さ!「PAUL」のパン、アンシェン・ポールをそえて安くて贅沢な夕飯でした。
by tatsuokotaki | 2011-02-24 22:59 | Trackback | Comments(0)

   北温泉            2011年2月20日(日)

b0011771_15165787.jpg
奥那須の余笹川渓流沿いに建つ北温泉は、江戸時代から湯治場として続いている山奥の一軒宿である。駐車場からは20分ほど、深い峪を徒歩で下らなければならない。最初に訪れた時は、急な雪道で数回尻もちをつきながらたどり着いた記憶がある。
巨大な天狗の面が見下ろす「天狗の湯」は裏山から湧く温泉が轟々と注がれていて、秘湯ムード満点!混浴なのに浴室のドアも更衣室もない大らかさで、着替えは湯船の脇でするしかない。それ故、恥じらい深き女性たちには残念ながら不向きかもしれません。ぜーんぜん気にしない方はもちろん歓迎ですが。以前、湯治に来ていたおじいさんが、風呂場で躊躇している若い女性に「男も女も付いてるもんはみんな一緒なんだから」と、盛んに混浴を勧めていた。
百年以上たった客室は決して快適とは言い難く、以前泊まった時は階下の囲炉裏の煙がぼくの二階の客室まで充満してきて、一晩中スモークされたような気分だった。それと山小屋にあるような脂でテカテカした布団にも閉口して、隣の空き部屋からシーツをもう一枚拝借してきて一夜を過ごした。
つげ義春が描いたプールのように巨大な露天風呂はいまも健在で、以前は底に枯葉が一杯たまっていたそうだが、現在はコンクリートに作りかえられている。
布団、囲炉裏の煙、その他諸問題はさておいても、「天狗の湯」は本当に素晴らしく魅力的な温泉であります。
b0011771_15181237.jpg

 
by tatsuokotaki | 2011-02-20 20:44 | Trackback | Comments(0)

愛しきモノたち         2011年2月16日(水)

b0011771_1636556.jpg
 愛らしく捨てがたい、もらいもののキャヴィアの容器。
by tatsuokotaki | 2011-02-16 19:19 | Trackback | Comments(0)

人生の必然                 2011年2月15日

b0011771_15294694.jpg
 冬に雪が降るように、人生の出来事はすべて必然。
 無駄なことなんて何もない、近頃そう考えるようになりました。

 御茶ノ水にて
by tatsuokotaki | 2011-02-15 03:16 | Trackback | Comments(0)

港の情景            2011年2月12日(土)

b0011771_2229518.jpg
    心が凍てつくような日に必要なのは、励ましよりもほんの少しの優しさなのです。

    内房勝山港にて
by tatsuokotaki | 2011-02-12 21:28 | Trackback | Comments(0)

    イテテ!            2011年2月11日(金)

b0011771_22012.jpg
    頭痛、肩こり、腰痛、胃痛、扁桃痛、腹痛、心痛etc。
    無いのは生理痛くらいか。やれやれ。
    運動しないと‥‥。

  
by tatsuokotaki | 2011-02-11 23:40 | Trackback | Comments(0)

ミニ蒸発                2011年2月10日(木)

b0011771_16374353.jpg
   一人になりたくなったので目的地も定めず車を走らせた。
   たどり着いた海辺の小さなホテルで一泊二日のミニ蒸発。
   外は強い風が白波を蹴立て吹き荒れていた。

 
by tatsuokotaki | 2011-02-10 23:49 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月