小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

gallery bauhaus 4周年記念特別展 「THE COLLECTION」

b0011771_283441.jpg
11/4からgallery bauhaus4周年記念特別展「THE COLLECTION」が始まります。出展写真家は新人も含め19人、各作家の新作も多数展示されます。総作品点数が66点と多く、写真のセレクトに苦心しましたが見ごたえのある展覧会になると思います。多様な作品をいちどに見られる機会はそうはありません。ぜひお出かけください。詳細はこちらまで。
Lido Venezia   ©Tatsuo Kotaki

下の写真は先日行われたgallery bauhaus主催「女性のためのやさしい写真教室」初回の様子です。明日10/29は第二回目「花を写す」が開催されます。
b0011771_2105767.jpg

by tatsuokotaki | 2010-10-28 22:46 | Trackback | Comments(0)

女性のためのやさしい写真教室   2010年10月18日(月)

b0011771_212404.jpg
ルーブルの彫刻を挟んで、写真撮影するぼくと熱心にデッサンする少女。ヨーロッパの美術館で床に座り込んで美術作品をデッサンする学生をよく見かける。以前、ローマに住んでいる友人が、日本の美大の味気ない石膏デッサン授業を揶揄するように、「これで差がつかない訳ないよね~」と言っていたのを思いだした。
石膏デッサンを否定するつもりはないが、やはり複製より本物がいい。
 
gallery bauhaus主催の「女性のためのやさしい写真教室」が今週の金曜日にせまってきました。写真を通して様々なモノや人との豊かな出会いを見つけましょう。

詳細はこちらまで。
by tatsuokotaki | 2010-10-18 23:25 | Trackback | Comments(0)

大鹿歌舞伎              2010年10月17日(日)

b0011771_215644.jpg
信州大鹿村で毎年春と秋に開催される大鹿歌舞伎を撮影に行った。230余年の歴史がある大鹿歌舞伎は、すべて村人たちによって演じられ伝承されてきた。
幕末から明治にかけては村内に13ケ所もの舞台があったそうで、いまも7ケ所の舞台が現存しているという。現在は大磧神社と市場神社の舞台が春と秋の公演に使われていて、それぞれに廻り舞台も設置されている。
南アルプスの麓の美しい村に伝えられてきた大鹿歌舞伎は、いまも村人に愛され暮らしの中にしっかりと根を下ろしているようだ。村人に混じって境内のござに座って、宿泊先の赤石荘が用意してくれたマツタケ御飯弁当を食べながら、秋の一日を緩やかに過ごさせてもらった。
b0011771_2164423.jpg
時姫役は普段ガスの配達をしているマッチョ・マンで、カマムラ~!のかけ声は野次かと思いきや本名が釜村さんとのことでした。
b0011771_2172928.jpg
おひねりと共にかけ声や声援が飛び交っていた。
by tatsuokotaki | 2010-10-17 23:50 | Trackback | Comments(0)

大鹿村の秋              2010年10月16日(土)

b0011771_221714.jpg
南信州大鹿村にも、やっと秋がきた。通常なら9月に入ると寒くなるのに今年はすべてがひと月以上遅れているらしい。森を歩くと小さなドングリや栗など、愛らしい木の実がたくさん落ちていた。明日は年二回の秋の大鹿歌舞伎の日だ。
b0011771_2213959.jpg
b0011771_2221979.jpg
色付きはじめた屏風岩の紅葉。
b0011771_2225776.jpg
当初不作といわれたマツタケが突然出はじめて、一転して今年は大豊作になったそうだ。秋の味覚を炭火焼きと土瓶蒸しで食した。

OLYMPUS PEN E-P2 LEICA DG MACRO ELMARIT 45mm
by tatsuokotaki | 2010-10-16 22:50 | Trackback | Comments(0)

ローリング・ストーンズ        2010年10月12日(火)

久しぶりに本格的な風邪をひいた。熱はないけれど喉が痛くて咳がでる。人にうつさないようにマスクをして一日中過ごした。
この一週間、仕事の合間に事務所内に溜まりに溜まってしまったCDを新しいキャビネットに整理収納した。明らかに聴かないものは除外したがそれでもすごい数で、邦楽のCDは結局納まりきらなかった。洋楽はABC順に整理したので、様々なジャンルの音楽がすぐに見つけられるようになって、忘れかけていたCDも再び日の目を見た。
b0011771_2283541.jpg
今日は棚の奥から発掘したローリング・ストーンズのアルバム「ヴードゥー・ラウンジ」を、暗室でフィルム現像しながら一日聴いていた。ギターを変則チューニング(DGDGBD)した曲「I Go Wild」と「Love Is Strong」がすごくいい。キースのギターはヘタクソだけれど、魅力的なフレーズを作り出すことにおいては天才的だ。
以前、試写会の案内をもらっていて行きそびれてしまったマーティン・スコセッシ監督の『シャイン・ア・ライト』(ストーンズのニューヨーク・ライブの映像)を先日WOWOWで観たが、ストーンズの不滅のパワーには脱帽させられた。この連中はおそらく死ぬまでロックし続けるのだろうな~。
 
by tatsuokotaki | 2010-10-12 02:10 | Trackback | Comments(0)

ヴェネツィア 霧の風景      2010年10月11日(月)

b0011771_2293091.jpg
秋から冬にかけてヴェネツィアではよく霧が出る。ぼくがヴェネツィアに通いつめていた頃も、霧のためマルコ・ポーロ空港に飛行機が降りられず、トレヴィーゾやパドヴァに着陸したことが何度かあった。
夏の喧騒が去ったこの時期のヴェネツィアは静けさと同時に寂しさもひとしおで、ひとり旅の旅行者にはけっこう堪えることもある。もっとも異国で人恋しさを味わうのも旅の楽しみだし、ひょっとして映画のように素敵な出会いが待っているかもしれない。ヴェネツィアにそのための舞台装置はパーフェクトにそろっている。
以前、メストレの友人宅を訪ねた帰り、夜更けに深い霧に遭遇したことがある。ピアッツァレ・ローマからヴァポレット(乗り合い船)に乗って暗い運河を進んで行くと、霧の中から次々と幻想的な風景が現れ、その時はあまりの美しさに思わず涙が出そうになった。
もしも「ヴェネツィアの魔法」にかけられたければ、これからの季節にぜひお出かけください。出来ればひとりきりで…。
by tatsuokotaki | 2010-10-11 21:37 | Trackback | Comments(3)

稲田敦の人形           2010年10月10日(日)

b0011771_2302130.jpg
銀座松坂屋の稲田敦さんの人形展示会に行った。3年ほど前に房総千倉で偶然稲田さんの人形と出会ってから、ぼくはすっかり稲田人形のファンになった。それから信州のアトリエに遊びに行ったり、東京での展示会にはできるだけ足を運ぶようにしている。写真とは直接関係ないのだが、gallery bauhausでも彼の人形を数体展示販売させてもらっている。千倉で最初に彼の人形を見たときは、てっきり外国人作家かと思ったくらい稲田人形にはなにか得体の知れないバタ臭さのような不思議なパワーがある。人形作家というとややアブナイ雰囲気の人を想像するが、この人は実に愛すべき人柄で、緻密な仕事に似合わず元自衛隊で戦車に乗っていたという変わった経歴の持ち主でもある。ただし、かなり強烈なイメージの人形が多いので、すんなり入り込める人とそうでない人がはっきり分かれるかもしれない。
写真は信州のアトリエの庭で撮影したもの。巨大な猫人形は今回の展示会にも出品されています。興味のある方は銀座松坂屋6階手工芸作家サロン(10/12まで)で実物をご覧ください。

 CANON 5D MACRO 50mm f2.5
by tatsuokotaki | 2010-10-10 22:39 | Trackback | Comments(0)

typoon                 2004年10月9日(土)

過去に東日本に上陸した中では最大級の台風22号が接近している。中心部の最大風速は40メートルとか。
朝食も摂らずにベランダと屋上の植木をヒモでしっかりと固定して、ミミちゃんのゲージも、雨よけのビニール・シートで覆って台風にそなえる。
風雨がひどくならないうちにと、午後は四谷三丁目のペット・ショップへミミちゃんのえさを買いに。近くのマル正で食料品を買っていたら、自分が朝から何も食べて無いことに気がついた。四谷駅アトレ内にあるPAULでバゲットにハム、チーズ、野菜をはさんだサンドウィッチとカフェ・オ・レでおそい朝食。パリにあるPAULの本店は大好きな店のひとつで、パリに行くと必ずといっていいほど立ち寄る。
白衣を着た女性が給仕をしてくれるのは東京の店も同じだ。パリの方はすごく年季の入ったおばさんが、厨房から出てきたばかりといった雰囲気でお客の注文をテキパキとこなしている。
夜、心配していた台風はあっという間に東京を通過して行った。伊豆の石廊崎では瞬間最大風速が67.6メートルとか。
今年も、ねむの木学園の宮城まり子さんから秋の運動会の招待状が届く。
by tatsuokotaki | 2010-10-09 22:15

冬の岩手・鉛温泉           2010年10月7日(木)

b0011771_2311122.jpg
    背中に夜を感じながら‥‥。
by tatsuokotaki | 2010-10-07 23:59 | Trackback | Comments(0)

秋の日に奥多摩へ           2010年10月3日(日)

b0011771_232122.jpg
気持ちの良い秋の陽射しに誘われて、久しぶりに奥多摩へ出かけた。日の出農産物直売所で野菜や山葵を買ってから、青梅の薪窯パン屋さんへ。冷暖房がいらないほんの短い季節。テラスで気持ちの良い太陽と風を感じながら、林檎の入ったケーキとエルダーフラワー・プレッセ(にわとこから作った発泡性のさわやかな飲み物)。帰りに明日の朝食用にチーズ入りの薪窯パンを買った。
お昼はいつものように「丹三郎」へ行って蕎麦膳コースと山女の塩焼き。残念ながら鮎のシーズンは終わっていた。帰りがけに「丹三郎」の大家さんが、採ったばかりの毬つきの栗を入口に並べていたので分けてもらった。風に乗ってどこからか金木犀の香りがしてきた。昔読んだ大仏次郎のエッセイの中に、金木犀の時期になると蘇る記憶(うろおぼえだが学徒動員だったか)があるという行があったが、金木犀の香りにはなぜか切なさや懐かしさを喚起させる不思議な何かがある。
奥多摩周遊道路へ行くつもりだったが、日が暮れてきたので鳩ノ巣渓谷に車を止めて、つり橋のそばで渓谷を眺めながらコーヒーを飲んだ。「丹三郎」の蕎麦で満腹状態なので食事はせずに「瀬音の湯」で温泉に入って早めに帰宅した。
夕食は買ってきた山葵をおろして、伊豆のまぐろ節(かつおじゃないんです)と混ぜて炊き立てのごはんにかけたものと、2杯目は同じく日の出で買った烏骨鶏(うこっけい)の卵かけごはん。豪華ではないけれど最高のごちそうでした。秋はいちばん好きな季節だ。
b0011771_2325490.jpg
 「丹三郎」のイガグリ君
b0011771_2361683.jpg
 鳩ノ巣渓谷にて
b0011771_2363876.jpg
  エルダーフラワー・プレッセは夏の飲み物としてイギリスでよく飲まれています。
by tatsuokotaki | 2010-10-03 23:32 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月