小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ケルトと神田明神            2009年5月29日(金)

b0011771_338334.jpg
今宵はgallery bauhausで開催中の伊藤進哉写真展「The Celts」にあわせて、鶴岡真弓氏のギャラリー・トークがあった。大勢の鶴岡ファンと、アイルランドやケルトに興味がある方が参加しくれて大盛況だった。
大学やさまざまな場所でのレクチャーをこなしていらっしゃる鶴岡さんだが、今回は伊藤さんの写真をテキスト代わりに話をしていただいた。
話題はアイルランドのケルトにとどまらず、ギャラリーの近くの神田明神とケルトの関係━何と神田明神の渦状紋はケルトの紋章と同一なのだ━から、果ては宇宙観にいたる広大でワクワクする内容だった。地球上の万物は一見関係がないように見えて、どこかとてつもないところで響きあったりしている。そんな夢を見させてくれるような一夜だった。
翌日、改めて神田明神へ行って見たら、渦状紋はいたるところに貼り付いていた。 b0011771_2202170.jpgb0011771_3194281.jpg
b0011771_2203068.jpg

by tatsuokotaki | 2009-05-29 21:27

スウェル・シーズン           2009年5月20日(水)

b0011771_147882.jpg
アイルランドの話題が続きますが、今宵は映画「ONCE ダブリンの街角で」で主演したグレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァのバンド「スウェル・シーズン」のライブに行った。
グレン・ハンサードの穴の空いたギターは映画のままだったが、ファンから(?)贈られたTakamineの新しいギターをうれしそうに披露する一幕もあった。
東京国際フォーラムCホールは予想以上に大勢の観客で埋まっていた。グレン・ハンサードの力強いギター演奏と、マルケタ・イルグロヴァ(舌をかみそうですね)の消え入りそうな歌声は、ライブならではの臨場感だったが、彼等と国際フォーラムはどうにもしっくりこない。
先日、来日したニール・カサールのライブを下北沢の小さなライブ・ハウスに聴きに行ったのだが、穴ぐらのような会場は昔のグリニッジ・ヴィレッジのフォーク・クラブのようで、なかなか雰囲気があってよかった。写真や絵画、演劇は言うまでもありませんが、会場と演目の関係はけっこう大事なものかもしれませんね。
b0011771_20372137.jpg
写真上はCork、下はInch━共にアイルランドで撮影
Mamiya6 MF 75mm RDPⅢ
by tatsuokotaki | 2009-05-20 22:37

鶴岡真弓ギャラリートーク「The Celts」  2009年5月19日(火)

b0011771_226124.jpg
gallery bauhausで開催中の伊藤進哉写真展「The Celts」風の王国にあわせて、5/29(金)に鶴岡真弓氏(多摩美術大学教授・日本ケルト協会顧問)のギャラリー・トークが開催されます。
鶴岡氏は日本におけるケルト研究の第一人者で、関係著書も多数出版されています。龍村仁監督ドキュメンタリー映画『地球交響曲 ガイアシンフォニー 第一番』では、アイルランドの歌手エンヤとの共演で話題となりました。ダブリン大学留学経験のある鶴岡氏に、アイルランドとケルトの魅力についておおいに語っていただく一夜です。
b0011771_2282962.jpg
写真はアイルランドのカイルモア修道院と、ゴールウェイにあるカラレハン・ハウス・ホテルにて 撮影:小瀧達郎

Mamiya6 MF 75mm RDPⅢ
by tatsuokotaki | 2009-05-19 16:59

    庭の時間          2009年5月17日(日)

b0011771_2273564.jpg
屋上の小さな庭で過ごす時間がふえている。夕食後のひと時は、散歩に出るか屋上庭園でぼ~っとしている。
水だけは自動灌水にしてあるので問題ないのだが、ここ数年、いろいろあってあまり庭の手入れをしてやれなかった。今年の春頃から少しずつだが庭の再生を始めたところだ。人間と違って植物は不平も言わず、少々手をかけただけで何倍にもなって答えてくれるところが愛しく健気(けなげ)である。
いまはバラ、ルリマツリ、ゼラニウム、バイカウツギなどが咲いている。紫陽花もだいぶ色づき始めた。今年は蜜柑もたくさん実をつけていて、ミニトマトやルッコラ、ズッキーニ、赤カブなども芽を出し始めた。
冬のあいだ屋上の隅に放置したままのアマリリスが、見事な花を咲かせてくれた。家に飾る花くらい四季折々、自分の庭で育てたいと常々思っている。
b0011771_16112989.jpg

by tatsuokotaki | 2009-05-17 22:16

A Day In The Life          2009年5月3日(日)

b0011771_9253069.jpg
ニール・ヤングが新作「Fork in The Road」の付属DVDの中でジョン・レノンの「A Day in The Life」を演っている。カルガリーでのライブ映像だが、これがめっぽうカッコイイ。原曲の魅力はそのままなのに、見事にニール節になっていて、エンディングのノイズのパートではレスポールの弦を手ですべて引きちぎって、一時のThe Whoを想わせる凄まじい演奏をしている。最後にギターを叩き壊すのでは?と心配したが、さすがにそれはなかった。しかしながら、このオジサンのパワーはいったいどうなっているのか、いっこうに衰える気配がない。
写真は僕のレスポール・カスタム。ニールと同じビグスビーのトレモロ・アーム仕様にしてある。最近はあまりエレキ・ギターを弾かないが、時々夜中に大音量を出してストレス発散しています。
by tatsuokotaki | 2009-05-03 20:56

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月