小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 奥多摩へ           2006年6月24日(土)

気分的に少し煮つまってしまったので、東京を脱出した。奥多摩の小河内ダムの山の上にある“奥多摩館”へ泊まりに来た。
老夫婦が二人きりでやっている旅館で、まるで田舎のおじいちゃんとおばあちゃんの家に泊まりに行ったような温かい雰囲気だ。
泊り客はぼくひとり。泊り客がぼくひとりだったので小さい方のお風呂に入ったら、窓の外でおばあちゃんが薪をガンガン燃してくれて、「熱かったらどんどん水でうめてくださいよー」と声がした。夕食の味付けがみんな甘かったけれど、まあ仕方ないか。2階のぼくの部屋の窓から、暮れなずむの奥多摩湖が一望できた。食後、寝転がって本を読んでいたら石元泰博氏から電話があった。ちょうど昨夜、日本カメラMOOK『写真 いま、ここに 写真年鑑2006』の石元夫妻のロング・インタビューの記事を読んだばかりだった。「ワイフがいなくなっちゃったんでさびしくて…」と石元先生。日本カメラの特集は、生い立ちからシカゴ時代、そして今日に至るまで、ぼくもいつか聞いておかなければという内容が網羅されていて、読みごたえのあるものだった。
東京をはなれるとなぜか時間がゆっくりと流れる気がする(正確にはここも東京だが)。持ってきた本を2冊読んでしまったので、寝ようとしたら蚊取り線香が消えていた。ライターを借りに階下におりていったら、テレビが大きな音でついていて、その前で老夫婦がテーブルをはさんでタテとヨコに大の字になっていて、黒澤明の「天国と地獄」の一シーンを思い出して一瞬ギョッ!とした。
おばあちゃんが「えらいとこ見せちゃって」と恐縮していた。眠りを妨げてしまって悪かったが、何というか平和で─とてもよい光景だった。
b0011771_3315127.jpg
                       お風呂の煙突ごしに奥多摩湖が見えた
by tatsuokotaki | 2006-06-24 23:56 | Trackback | Comments(0)

久しぶりに信州へ           2006年6月15日(木)

昨日から額を作りに信州へ来ている。午前中にサンプルの注文を終えて、午後は穂高の碌山美術館、美ヶ原の松本民芸館を訪ねた。
松本民芸館は改装されて、展示スペースが前より広くなっていた。
ぼくが最初に松本を訪れたのは、もう30年以上も前のこと。民芸館の周辺もだいぶ家が建ったが、目の前の水田と、隣のブドウ畑はそのままだ。
民芸館の蔵の二階からの眺めがとても好きだ。
夕方、松本市内にもどって、中町通りの“ちきりや”で松江の湯町窯のピッチャーと、向かいの“陶片木”で長崎の藍水窯の絵付け皿、マグ・カップを買う。
夕食は“木曽屋”で豆腐田楽、鯉のうま煮、柳川、しそごはん。この店の鯉のうま煮は生臭味がまったくなく絶品だ。女将さんに「よく食べたわねー」と感心された。
b0011771_3351396.jpg
   藍水窯の器
by tatsuokotaki | 2006-06-15 23:41

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月