小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

 東京造形大学跡地 2017/4/20 

b0011771_1347281.jpg
八王子に撮影に行った帰りに、八王子城跡の東京造形大学があった場所に行ってみた(現在は移転)。ボクは造形大の3期生なので、当然ながら入学時に4年生はいなかった。それゆえ一学年15名ほどの写真科の学生は学年をこえて付きあいをしていた。
当時の造形大は写真科に石元泰博、大辻清司、東松証明、高梨豊、奈良原一高、松本俊夫、蓮實重彦、他の学科には桑沢洋子、杉浦康平、田中一光、木村恒久、磯崎新、佐藤忠良など、そうそうたるメンバーが教えに来ていた。それも昨今よくある名前だけ連ねて年に数回の授業というものではなく、毎週しっかりと高尾の山の中まで授業をしに来てくれていた。当時藤沢に住んでいた石元泰博氏はたぶん朝5時起きくらいで大学に通っていたと思う。
ボクも卒業後4年ほど非常勤で写真科の授業を受け持っていたことがある。そのあと校舎が移転してからこの場所に来るのは始めてで、28年ぶりということになる。
記憶を頼りにやってきたが風景が様変わりしていて場所が特定できず、昔からあった墓石屋さんに聞いてようやくたどりついた。
話に聞いてはいたが、校舎は写真のように跡形もなくなっていた。大学建物は中央を流れる沢をまたぐかたちで建てられていて、中央の吹き抜けから下を見ると沢の流れが望めた。
以前のブログにも書いたが、この吹き抜けにロープを渡して綱渡りをした写真科の学生がいて、一人目はうまく渡りきったのだが負けじと挑戦したE君は途中で力尽きて沢まで転落した。ボクは上から見ていたのだが、沢に落ちて気を失ったE君のズボンの内側が縦に裂けていて、衝撃の強さを感じさせた。
救急車で病院に運ばれたE君だったが、心配して見舞いに行った友人が「あの野郎病院で口笛吹いてやがった」といって怒って帰ってきた。沢に至る斜面が柔らかい土で、それがクッションの役割を果たしてE君は事なきを得たようだ。ズボンは最初から破けていたということだった。彼は卒業後、日本デザインセンターの写真部に入社したが、後年自殺していまはいない。
夕暮れの風景に佇んで、しばしそんなことを想いだしていた。
人は誰もが自身の原風景を持っていると思う。学生時代に写真を学んだこの場所は、確実にボクにとっての原風景のひとつである。それが存在しないことはちょっと寂しい気もするが、失われた風景への無常観もそれはそれで悪くない。過去を知る者にとっては意味のある風景も、ハイキングコースにやってくる人たちにとってはただの自然なのだろう。
せっかく来たので大学の裏山の八王子城跡に始めて行ってみたー在学中は行っていない。北条氏照の居館のあった場所が御主殿跡とよばれ、礎石や石垣の一部が史跡として保存されている。氏照は趣味人だったようで、案内板を読んでいたら「中国から輸入された五彩で華やかなお皿で、領国内から採れたアワビやサザエなどを食べたり、ベネチアで作られたレースガラス器や信楽焼きの花器を飾り、そのもとでお茶をたしなみ、枯山水の庭を眺めてお酒を飲んだ」とあった。学生時代にはそれこそ思いもよらなかったが、ここでベネチア・ガラスが出てきたのには少なからず驚いた。八王子市に展示があるのならぜひ見てみたいと思う。
ボクの写真人生は、この場所で入学時に親に買ってもらった一台のニコンFから始まった。
b0011771_1583548.jpg
        当時の東京造形大学校舎
by tatsuokotaki | 2017-04-20 17:15 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://bauhaus.exblog.jp/tb/26802339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kawamutsukun at 2017-04-20 17:43
本当に凄い方々ばかりですね。
写真では無いですが、造形大に私の娘が通っています。
Commented by tatsuokotaki at 2017-04-21 01:27
いまになるとそうですが、当時の学生は何とも思っていなかったようです。私はある時など誰も授業に来なくて、蓮實重彦氏の授業をマンツーマンで受けたこともありました。その後、自分も講師として大学に行きましたが、ある日学生から「先生ハサミありますか」と聞かれて、アホらしくなって辞めました。

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月