小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

 Venezia日記 2017/3/1

b0011771_733823.jpg
今回のヴェネツィア撮影の機材です。
Leica M7,M6 
ノクチルックス50mm f1 タンバール9cm f2.2 ズマール5cm f2
ヘクトール5cm f2.5 ズミルックス50mm f1.4
Minolta CLE ズミクロン40mm f2
Nikon F100 AFニッコール85mm f1.8 AF DCニッコール135mm f2 AFニッコール16mm f2.8 AFニッコール70-300mm f4-5.6
Contax G2 ヴァリオ・ゾナー35-70mm f3.5-5.6
Ricoh GR21
Sony α7Ⅱ FE24-240mm f3.5-6.3 TECHART LM-EA7アダプター
今回はカーニヴァルの撮影用に約10年ぶりにNikonが復活しました。F5は重たいのでF100のボディを持参しました。
ライカ関係では夜の撮影が多かったのでノクチルックスを多用しました。
Contax G2とRicoh GR21は今回最後まで出番がありませんでした。
記録とポラ代わりに使用するデジタルはSony α7Ⅱにレンズはズーム1本のみ、あとはTECNARTのアダプターにライカレンズを付けて使用しました。
使用フィルムはKodakのTX400のみ。

空港でのX線検査はいつも気を使いますが、今回ちょっとした変化を感じました。いつの日かフィルムの存在を知らない若い検査官が出てくるのでは、という危惧をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ボクもその一人ではありますが、現状はそれほど悪い方向に進んでいない気がします。
ボクはフィルムを機内に持ち込む際はフィルム・シールドなどに入れずに透明の袋に入れ、それに手製のDO NOT X-RAYというシールを数箇所大げさに貼り付けます。その上で検査の際はカバンからフィルムの入った袋を取りだして、X線を通さないでくれという旨を検査官に伝えます。以前はフィルム感度はいくつだ等聞いてくる検査官が多く、トライXの感度400だと"No problem"などと言って強引に機械に通されたことも何度かありました。
確かに感度400のフィルムを一回くらい空港のX線に通しても問題ないかもしれませんが、乗り継ぎを数回する場合や使用しなかったフィルムを持ち帰って再度海外に出る場合もありえます。その場合は何度もX線を通すことになりかねません。石元泰博氏はX線を通してしまったフィルムは迷わず捨てていました。
昨今、フィルム・カメラを持って旅行する人は少なくなっていますが、幸いなことに検査官もまだフィルムが何かという認識はあるようです。その上で推測するに、このご時勢にフィルムを大量に持って旅行する人はある種特別な人、言い方を変えれば専門職であろうという認識が検査官に定着してきているように感じます。たまたま運が良かったのかもしれませんが、ボクの場合はここ数年、昔のようにX線検査ですったもんだをすることが無くなったのは事実です。
せっかく苦労して撮影したフィルムを空港のX線検査で駄目にされたのでは泣くに泣けません。ロバート・キャパのように、アシスタントがしくじった写真が神話を作りだすようなことは世の中にそうざらには存在しませんからね。
by tatsuokotaki | 2017-03-01 21:06 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://bauhaus.exblog.jp/tb/26697153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月