小瀧達郎気紛れ日記


by tatsuokotaki

プロフィールを見る

 星降る夜に 2016/12/5

b0011771_2253253.jpg
海が見たくなって内房までドライブした。道の駅“富楽里”で水仙やユリ、赤い実がたくさん付いたヒイラギなどを買って、定番の菜の花ラーメン。その後、豊岡海岸の砂浜できれいな貝殻をひろいながら、遊歩道に沿って雀島へ。
暮れゆく空と海を眺めながら、しばし静かな時間を過ごした。
車に戻る途中で年間民宿“曳船”という看板を見かけ、どこかで見たことがあると思ったら、つげ義春が昔家族と共に泊まった民宿だった。
b0011771_2211862.jpg
日が暮れてから、小湊鉄道のイルミネーションを見に月崎という駅に向かった。
小湊鉄道の10駅が、地元の人のボランティアで年末までイルミネーションで飾られている。
1時間に1本だけの電車がタイミングよくホームに到着したが、客は数人しか乗っていなかった。ふだんは寂しい無人駅舎が、年に一度だけドレスアップしてもらって、なんだか華やいで嬉しそうに見えた。
帰路、アクアラインに向かう途中の小湊鉄道の踏切りで、暗闇に潜んでいたパトカーに一時停止違反で違反切符を切られてしまった。罰金9000円のおまけがついてきた。
# by tatsuokotaki | 2016-12-06 02:22 | Trackback | Comments(0)

 METAPHOR カフカとの対話  2016/12/1

b0011771_0121448.jpg
本日よりgallery bauhausで「METAPHOR カフカとの対話」が始まりました。
今回の写真展は、昨年プラハに1ヶ月滞在して撮影したもので、チェコ製の印画紙を使って展示前日までとことんプリントに集中しました。モノクロームで捉えたプラハの光と影を存分に堪能していただけるのではと思っています。
ぜひお出かけください。

詳細→gallery bauhaus
# by tatsuokotaki | 2016-12-02 00:32 | Trackback | Comments(0)

 柚子  2016/11/28

b0011771_2124542.jpg
食したあとの皮は小さく切ってアロマ・ポットに。さもなくばお風呂に入れて柚子風呂に。
高価なアロマ・オイルは必要ない。
# by tatsuokotaki | 2016-11-28 02:15 | Trackback | Comments(0)

写真展の展示レイアウト 2016/11/27

b0011771_205688.jpg
写真展会場の展示レイアウトを考える一日。

小瀧達郎写真展「METAPHOR カフカとの対話」 2016/12/1~
詳細→gallery bauhaus
# by tatsuokotaki | 2016-11-28 02:05 | Trackback | Comments(0)

 芸大フランク展  2016/11/20

b0011771_18473225.jpg
プラハのプリント44点がやっと完成した。あとはやり直し分数点とサイズ違い1点を残すのみ。昨夜は遅くま暗室にいたので今日は休みにした。
散歩をかねて上野芸大のシュタイデルとロバート・フランク展に行った。
複数の友人から話は聞いていたが、想像していたより面白い展示だった。天井からぶら下げられた本は見たくないし内容は知っているのでパスしたが、印刷物でもフランクの写真はやはりカッコイイと思った。先日、田中長徳さんに頂いたフランク新聞は完売だった。
11/24まで、無料ですのでお勧めします。
b0011771_1848775.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-11-20 19:08 | Trackback | Comments(0)

 冬の光 2016/11/7

b0011771_19273988.jpg
b0011771_19275481.jpg
b0011771_19281513.jpg
b0011771_19282770.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-11-07 19:29 | Trackback | Comments(0)

 東京散歩  2016/11/6

b0011771_23112733.jpg
日曜なので暗室作業を早めにきりあげ、買い物がてら上野まで散歩に出た。
東京も急に寒くなって、神田明神の木々もやっと色付き始めた。
b0011771_23122961.jpg
家の近くにプラハが!
どこかで見た看板だと思ったら、チェコの石鹸やアロマ製品を扱う店がオープンした。
b0011771_231335100.jpg
上野松坂屋のレトロなエレベーター。いつのまにかエレベーター嬢の姿が消えた。
# by tatsuokotaki | 2016-11-06 23:32 | Trackback | Comments(0)

 Omble 2016/11/3

b0011771_0454879.jpg
   今日も暗室で展覧会用のプリント。
   事務所のスクリーンに映る冬の陽ざしが刻々と変化してゆく。
# by tatsuokotaki | 2016-11-04 00:54 | Trackback | Comments(0)

 奥多摩  2016/10/24

b0011771_11593712.jpg
ニッコールのDC135mm f2Dを持って奥多摩へ。このレンズ球面収差を調整するDCリングというのが付いていて、ボケ味を自由にコントロールできる。
b0011771_1159508.jpg
  深い渓の斜面にも、おそい秋が始まっていた。
  夜の奥多摩周遊道路では、鹿の群れやテンの姿を見かけた。
# by tatsuokotaki | 2016-10-25 12:27 | Trackback | Comments(0)

 秋日和 2016/10/17

b0011771_1151325.jpg
b0011771_1132162.jpg
b0011771_195142.jpg
b0011771_1122829.jpg
b0011771_1114945.jpg
信州にて
# by tatsuokotaki | 2016-10-21 01:19 | Trackback | Comments(0)

 Praha 2016/10/14

b0011771_0172145.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-10-15 00:18 | Trackback | Comments(0)

 秋の夜 2016/10/14

b0011771_15135719.jpg
秋の夜
壊れた柱時計のように、時がとまっている。
# by tatsuokotaki | 2016-10-14 15:16 | Trackback | Comments(0)

 Pentacon6 TL   2016/10/11

b0011771_0562384.jpg
東独 ツァイス・イコン製中判カメラ、ペンタコン6TL。
フィルム巻上げにコツがいりますが、現代のカメラにない味わいがあります。不便さが生み出す負のパワーが、写真にプラスに反映することもあります。
純正ストラップがないので、古いハッセルブラッドのストラップを改造しました。
# by tatsuokotaki | 2016-10-12 00:59 | Trackback | Comments(0)

 ロバート・フランクのダミー本  2016/9/29

b0011771_15145576.jpg
ロバート・フランクの写真集『私の手の詩』(邑元舎刊)のダミー本。
フランク氏自ら手作業で制作したもので、プリントはすべて生写真を貼り付けてある。
写真史に残るであろう貴重な宝モノです。
b0011771_15151217.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-09-29 15:27 | Trackback | Comments(2)

ウスクダラのグラス 2016/9/28

b0011771_1143296.jpg
写真家の小松さんにプレゼントされたグラスとスプーンで朝のコーヒー。グラスはトルコのウスクダラ、スプーンはモーリタニア製。こうした現地の人が日常使っている雑器の「用の美」にとても魅かれます。
小松さんはボクが行かないような場所にたくさん旅しているので、器を通して見知らぬ国へ旅をさせてもらっています。

江利チエミの「ウスクダラ
歌詞が秀逸。
# by tatsuokotaki | 2016-09-28 11:47 | Trackback | Comments(0)

 ヒルトップ農場

b0011771_0391745.jpg
この白い花をつける大木はなんだろう。絵本『ピーターラビット』の作者ビアトリクス・ポターのヒルトップ農場を訪れると、いつもその美しさに圧倒される。
それにしてもイギリスの野原からウサギの姿が消えたのはなぜだろう。
約一ヶ月、湖水地方からウェールズを旅したが、その間一度もウサギを見ることがなかった。
偶然かもしれないが、何か別の要因でなければよいのだが…。
b0011771_124354.jpg
b0011771_125576.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-09-19 00:52 | Trackback | Comments(0)

 ヘブデン・ブリッジ  

b0011771_7251725.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-09-16 07:26 | Trackback | Comments(0)

 Blackpool,UK  2016/9/15

b0011771_13503164.jpg
小津安二郎の映画のような仄々とした光景。
昭和初期の日本には、こんな人たちがいたような気がします。
# by tatsuokotaki | 2016-09-15 13:50 | Trackback | Comments(0)

イギリス日記 旅の終わり 2016/9/3

b0011771_1764314.jpg
冷気でくもった窓ガラスからのやわらかい光で、コーヒーカップの湯気が温かく感じる。
旅の終わりはいつも少し感傷的な気分。明日は日本に帰国する。
ロンドンはもう秋だ。
# by tatsuokotaki | 2016-09-03 09:06 | Trackback | Comments(1)

イギリス日記 バタシー火力発電所 2016/9/1

b0011771_722717.jpg
再開発が進んでいるテムズ河岸のバタシー火力発電所を見に行ったら、4本あった巨大な煙突が台座を残して1本だけになっていた。
ボクはこの煙突が好きで発電所が稼動中から写真を撮り続けてきた。何度もの再開発計画が頓挫した後、長年廃墟になっていたこの場所が、煙突を残して再開発される話を聞いたときは心底うれしかった。一昨年見たときは4本の煙突に工事用の囲いが設置されていて、今日は工事の進行状況を見に来たのだが…。
よもやどこかの国のように、利権優先のご都合主義で計画変更か?などと、浮かぬ気持ちでアパートに戻って調べてみたら、事情はいささか違っていた。
煙突は傷みが激しいため以前と同じ工法で再建され、煙突の先端にはガラス張りの展望台も作られるらしい。
さすがイギリス!完成予定は2025年、その日を楽しみに待ちたい。

写真左奥、台座と1本だけ残された煙突が見える。
ピンクフロイドのアルバム『アニマルズ』のMV撮影風景。
# by tatsuokotaki | 2016-09-02 08:09 | Trackback | Comments(0)

 イギリス日記 テットベリーからレイコックへ 2016/8/31

b0011771_7592746.jpg
コッツウォルズ2日目の今日はテットベリーのアンティーク・ショップを廻った。一昨年も感じたことだが、イギリスのアンティークもひと昔前にくらべ、圧倒的に品薄になった。テットベリーのアンティーク・ショップは、どちらかというと古い家具などを扱う店などが多く、リペアすれば見違えそうな安価な椅子がいくつかあった。
一通り見て廻ったが目ぼしいものは見つからず、たまたま昼ごはんを食べに入ったカフェに併設されたショップで、日本人が大好きなS・Cのティー・セットをびっくりするほど安い値段で手に入れた。
b0011771_823580.jpg
午後はレイコック村に移動して、フォックス・タルボット・ミュージアムとレイコック・アビーを巡った。ご存知の方も多いと思うが、フォックス・タルボットは近代写真の先駆けとなるカロタイプ写真術を発明した人物である。この発明が後に近代写真のネガポジ法へと引き継がれる。
タルボットは生家であるレイコック・アビーなどをカロタイプ写真に収め、写真集『自然の鉛筆』を制作した。
b0011771_8391476.jpg
内部は映画『ハリー・ポッター』のロケにも使用された。
b0011771_8393564.jpg
レイコック村のミステリアスな昼下がり。
b0011771_8395988.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-09-01 08:31 | Trackback | Comments(0)

イギリス日記 ウィッチフォード・ポッタリー 2016/8/29

b0011771_6415592.jpg
ウェールズからコッツウォルズに移動。一昨年も訪れたウィチフォード・ポッタリーへ。全工程手作りの高級植木鉢の窯だが、日常使いの皿やマグカップなども作っている。
オーナーのジム・キーリング氏が土をこね、奥さんのドミニクさんが動植物をモチーフにした、大らかな絵付けをしている。今年は女性を描いた中鉢をひとつ購入した。
b0011771_6475532.jpg
庭に置かれた金彩のオブジェは、日本のガーデニング・ショーのために作られたもの。
b0011771_6421963.jpg
敷地内の牧場の人懐っこい馬。
b0011771_6423649.jpg
併設のカフェの店内。ロバート・フランクの『アメリカンズ』が書棚にあった。
b0011771_6425775.jpg
新鮮な野菜がたっぷりのヴェジバーガーとコーヒーでランチ。
# by tatsuokotaki | 2016-08-31 08:08 | Trackback | Comments(0)

イギリス日記 北ウェールズの海 2016/8/28

b0011771_652547.jpg
イギリスの海辺の町はなぜかもの寂しく心魅かれる。
ウェールズの北端の町Llandudunoで。
b0011771_6554330.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-08-28 06:53 | Trackback | Comments(0)

イギリス日記 Hebden Bridge 2016/8/7

b0011771_594119.jpg
湖水地方への旅の途上で、ヨークシャーのヘブデンブリッジで数日を過ごした。ヘブデンブリッジはかつて紡績産業で栄えた街で、今回宿泊するCroft Millは紡績工場だった建物をアパートメント・ホテルに改築したもの。広いキッチンとリビングルーム、ふたつのベッド・ルームがついている。
快適なキッチンには、すべてオーガニックの高級食材、チーズ、バター、牛乳、卵、シリアル、コーヒー、紅茶、クッキー、果物、パン、ドライフルーツ、チョコレート、ビールなどが用意されていて、これらはすべて宿泊代に含まれている。
町には所々に古い石畳や紡績産業時代に使われていた運河が残っていて、水門で水位を調節しながら、運河クルーズをする船が行き交っている。
b0011771_5101044.jpg
町を見下ろすように古い墓地があった。
イギリスのバンド、ドリーム・アカデミーの「ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン」のミュージック・ヴィデオはこの町で撮影された。
b0011771_5103428.jpg
Croft Millのベッド・ルーム。
b0011771_6502419.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-08-10 06:38 | Trackback | Comments(1)

イギリス日記 London 2016/8/6

b0011771_571682.jpg
明日から出かける撮影旅行のために、エッジウェア・ロードのHARTZでチェコ製のハッチバック・セダンOCTAVIAを借りた。この車、トランクの容量が半端なく大きくて、大きな旅行用トランク二つとカメラバッグが難なく納まります。エアコンも付いてるしi-podもUSBコード一本でつながって、チェコ製の車もいまやハイテクノロジー満載です。
ロンドンに着いてから、ガーミン(カーナビ)を持ってきたのに、イギリス地図が入ったSDカードを忘れてきたのに気がつきました。HARTZでカーナビを借りるのも高くて馬鹿らしいので、今回はi-phoneとgoogle mapのナビで急場を凌ぐことに。
昔は地図だけで英国中を難なく走り廻っていたのに、テクノロジーの進化に反比例して自分の能力低下が著しいこの頃です。
HARTZの後は、ケンジントン・ガーデンのオランジェリー庭園に行ったり、一部公開されたケンジントン・パレスの展示を見たりしました。展示の方は14ポンドと高いわりに面白くなくて、宮殿内に漂う暗く重たい空気に、これではダイアナさんも気が滅入っただろうなーなどと、独りごちた午後でした。
それにしても、夏のイギリスの樹木を揺らす風のなんと心地よいことか。アントニオーニの映画Blow-Upの公園のシーンの極め付きのカメラ・ワーク-風が見事に映っていた-を思い出しました。
# by tatsuokotaki | 2016-08-10 05:07 | Trackback | Comments(0)

イギリス日記 London 2016/8/5

b0011771_3313095.jpg
湖水地方へ撮影旅行に出かける前に、ロンドンで3日間の休暇を過ごします。
今日は約10年ぶりにポートベローのアンティーク・マーケットに行きましたが、ガラクタばかりで目ぼしい掘り出し物はなにもありませんでした。
b0011771_4444570.jpg
チェルシーのコンランショップで生牡蠣とミラノ風リゾットとサラダで昼食。食い気に走って牡蠣の写真を撮りそこねました。
b0011771_338232.jpg
旧ミシュラン・ビルは変わらず美しいけれど、コンラン・ショップはIKEAの世界制覇の勢いに押されてか、いまひとつ精彩を欠いているように見えました。
b0011771_753187.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-08-10 04:07 | Trackback | Comments(0)

イギリス日記 London 2016/8/4

b0011771_394722.jpg
早朝から猛暑の東京を発って、ロンドンへ。気温21℃、アパートを借りたメリルボーン界隈は、お洒落なカフェや食材店がたくさんあって楽しい。アパートの窓から見るロンドンの夏空。いつもちょっと寂しげだが好きな風景だ。
# by tatsuokotaki | 2016-08-10 03:10 | Trackback | Comments(0)

 遠くへ  2016/7/21

b0011771_21452921.jpg
東陽町に国際免許の申請に行った帰りに、東京ゲートブリッジでイギリスに持っていくカメラのチェックを兼ねた撮影をした。
この長い堤防で二十代の頃、よく釣りをした。
当時は車を持っていなかったので、日曜日になると神田の家から50ccのバイクで、夢の島の先にある埋立地の突端まで足をのばした。
ハゼに混じって、ときおり大きなカレーが釣れた。
はるか遠い昔の思い出。あれからずいぶん遠くへ来てしまった。
東京ゲートブリッジは当時なかった。
# by tatsuokotaki | 2016-07-21 21:47 | Trackback | Comments(0)

 扇風機の台座 2016/7/13

b0011771_10285895.jpg
信州のアンティーク・ショップで見つけた台座とドーム型ガラス。それぞれ単独の棚に置かれていたもので、台座は昭和初期の鉄の扇風機用の台座。ドーム型ガラスは受け皿がなくてガラスのみで売られていましたが、組み合わせてみるといい感じなので合わせて購入しました。台座が三千円でガラスが千円。
家に帰って扇風機用に回転する台座を接着剤で固定して塗装のキズを少し補修、家具用のワックスで仕上げたら見違えるようにきれいになりました。
昭和初期には扇風機は高級品だったのかもしれません。
ヴェネツィアン・グラスの作家、ブバッコ・ルチオの作品を入れてみたら、なかなか様になりました。
# by tatsuokotaki | 2016-07-13 10:30 | Trackback | Comments(0)

 木陰の休日 2016/7/3

b0011771_028386.jpg
b0011771_0285584.jpg
森の入り口のブーランジェリーでランチ・タイム。
b0011771_0291551.jpg
ついでにケーキ。
b0011771_0293213.jpg

# by tatsuokotaki | 2016-07-04 00:36 | Trackback | Comments(0)

以前の記事

2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月